ページの本文へ

Hitachi

HCIソリューション

お知らせ

2017年10月24日

HCI*1の導入から運用まで支援する日立のHCIソリューションを拡充

これまでの対応実績によるノウハウを活用した、バックアップなどのHCI強化メニューと
「かんたん仮想化HCIモデル」の提供により、IT部門の負荷を軽減

*1
HCI: Hyper-Converged Infrastructure

  株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、ビジネス変化に迅速かつ柔軟に対応できるIT基盤の導入から運用までを支援するHyper-Converged Infrastructureソリューション(以下、HCIソリューション)を拡充し、バックアップやセキュリティ強化などを行うHCI強化メニューと「かんたん仮想化HCIモデル」を10月24日から販売開始します。これらは、これまで日立が対応した150件以上のHCI案件の実績やノウハウを活用して拡充したもので、より短期間での導入を実現するなど、HCIの導入から運用におけるIT部門の負荷を軽減します。

  近年、市場やビジネスの激しい変化を背景に、企業のIT部門では、IT基盤の迅速かつ柔軟な拡張や容易な運用を両立するHCIへの関心が急速に高まっています。一方で、仮想化の最新技術を活用したHCIを導入するIT部門にとって、HCI上でのシステム設計や従来システムからの移行、従来の運用からの変更など、検討すべき多くの課題があります。

  このような課題を解決するため、これまで日立はお客さまの要件に応じて最適なHCI(事前設計検証済み)をカスタマイズモデルとして提供するとともに、新規システム構築や既存システムからの移行にも対応するほか、オンサイトでの操作トレーニングの実施や運用支援マニュアルを用意するなど、導入から運用までを支援するHCIソリューションを提供してきました。
  今回、これまでに培ったHCIに関する実績やノウハウを生かし、HCIとあわせて検討することが多い、システムリカバリ用のバックアップや、セキュリティの強化、統合的なシステム運用への対応などを、HCI強化メニューとして新たに提供開始します。また同時に、社内業務基盤などに適したシステム構成をあらかじめテンプレート化して提供する「かんたん仮想化HCIモデル」を用意し、より短期間での導入を実現することで、IT部門の導入から運用における負荷を軽減します。各種ハードウェア・ソフトウェアにまたがる複合的な問題に対応する「日立サポート360」をあわせてお客さまに利用いただくことで、HCIの導入から運用をワンストップで支援します。

  日立は今後も、企業のIT部門の課題に応えながらHCIの適用ノウハウを蓄積し、HCI強化メニューのさらなる拡充や、データ利活用に関するアプリケーションと組み合わせた提供などIT部門の支援を強化していきます。

図1:本ソリューションの概要と拡充ポイント
図1:本ソリューションの概要と拡充ポイント

本ソリューションの特長

1. HCIとあわせて導入することが多いバックアップ運用やセキュリティ強化などHCI強化メニューを提供

導入検討の負担を軽減し検討期間を短縮できるHCI強化メニューを準備します。

  • バックアップ運用:HCIに適した推奨バックアッププランを、用途別、規模別に複数パターン準備
  • セキュリティ強化:業務システムのマルウェア感染防止、操作ログ取得など
  • 運用効率化:統合システム運用管理「JP1」によるHCIと既存環境の統合的な運用管理(監視、自動化など)

2. 日立のHCIのノウハウに基づきテンプレート化した「かんたん仮想化HCIモデル」を提供し、より短期間での導入を実現

  「かんたん仮想化HCIモデル」は、VMware vSAN™を活用し、業務サーバを仮想化技術で集約する要件に基づくHCIを日立のノウハウで事前に設計構築して提供します。本モデルでは、段階的に拡張可能な「Enterprise構成」と、小規模向けの「Entry構成」を準備しています。

<想定用途>

  • Enterprise構成:社内業務基盤(コミュニケーション基盤、VDI基盤など)、開発環境基盤
  • Entry構成:パッケージアプリケーションの実行基盤、拠点の業務基盤

3. 顧客要件に適するきめ細かな対応やサポートなどもワンストップで提供

  日立が長年培ってきた、VMware製品を活用したプライベートクラウドでの仮想化環境の構築・運用ノウハウや、VDI構築ノウハウを生かし、顧客要件に適するHCI環境や周辺環境の構築、既存の業務システムからの移行も支援します。各種ハードウェア・ソフトウェアにまたがる複合的な問題に対応可能な「日立サポート360」とあわせて利用いただくことで、導入から運用までをワンストップで支援します。

本ソリューションの提供内容と価格・提供開始時期

提供内容・価格

名称 提供内容 価格(税別)
HCIソリューション ・HCI(カスタマイズモデル/かんたん仮想化HCIモデル)
・仮想マシン、仮想デスクトップの構築
・HCI強化メニュー
 (バックアップ運用・セキュリティ強化・運用効率化)
・運用支援ドキュメント、オンサイトトレーニング
・既存環境からの移行支援
・サポートサービス
 (問合せ対応、維持保守、バージョンアップなど)
個別見積

提供開始時期

拡充内容 提供開始時期
HCI強化メニュー(バックアップ運用・セキュリティ強化・運用効率化) 10月24日
かんたん仮想化HCIモデル*2 12月28日
*2
日立資産のクラウド環境をお客さま先に設置しフィー型で利用いただく「出前クラウドサービス」で、かんたん仮想化HCIモデルのサポートを計画中

日立のHCIソリューションについて

  http://www.hitachi.co.jp/soft/hci/

出展イベントのご案内

■vFORUM 2017

  2017年10月31日〜11月1日(東京)、11月21日(大阪)にて開催されるvFORUM 2017の日立セッションと展示において、日立のHCIソリューションをご紹介します。
  http://www.hitachi.co.jp/soft/vmware/#vforum/

商標注記

  • VMware、VMware vSANは、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の登録商標もしくは商標です。

お問い合わせ先

  株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業統括本部 IoT・クラウドサービス事業部
  http://www.hitachi.co.jp/it-pf/inq/NR/

  • ※ このトピックス記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

以上