ページの本文へ

Hitachi

日立HCIソリューション

市場動向 (IDCコラム)

IDC アナリストがHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を語ります!

第1回:急速に普及するHCIとその将来展望

HCIは、仮想化の進展にともない、急速な普及が続いている。
導入した企業の多くが感じている導入効果とHCIの将来展望とは。

第2回:HCIへの期待とベンダーの選定基準

HCI導入前の想定とのギャップや、今後のHCIへの期待から導き出す、ベンダーの選定基準とは。

ANALYST PROFILE

宝出 幸久氏

IDC Japan株式会社 ロゴ

宝出 幸久(ほうで ゆきひさ)
エンタープライズインフラストラクチャ
シニアマーケットアナリスト
IDC Japan株式会社

 エンタープライズインフラストラクチャ市場調査グループにおいて、ハイパーコンバージドインフラストラクチャやコンバージドシステムの市場動向分析や市場予測などを担当。このほか、Software-Defined Storage、ファイル/オブジェクトストレージなどストレージ市場における新規分野の調査を担当している。
 IDC Japanでは、エンタープライズストレージシステムの市場動向分析と市場予測のほか、産業分野別の分析と市場予測などを担当した。また、クラウドストレージサービスやサービスプロバイダーにおけるストレージ需要動向調査など、ストレージ市場における新規分野の調査を担当し、国内市場調査プログラムの拡充に貢献した。

  • VMware、VMware vSANは、米国およびその他の地域におけるVMware, Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の登録商標もしくは商標です。