ページの本文へ

Hitachi

クラウドインフラ管理

クラウドインフラ管理

ビジネスの状況に合わせてリソースの最適配置が求められるクラウド環境。
状況に合わせてリソースを増減したり、稼働状況を監視しディスクの容量不足や性能に関する問題を未然に防ぐことが必要です。これらの要件を満たすため、サーバ、スイッチ、ストレージを抽象化しITインフラの運用管理を効率的にコントロールするクラウドインフラ管理ソフトウェア の導入をお勧めします。

クラウドインフラ管理における課題

クラウドインフラ運用を支える管理ソフトウェア

ハードウェアを隠ぺいし、お客さまの要件レベルの入力でITインフラを運用。
通常運用で、IT管理者をハードウェア操作から解放。ビジネス直結の業務開発などに注力できます。

Hitachi Automation Director ITインフラ運用自動化

※他社ハードウェアは順次サポート予定です(2017年9月時点では日立ストレージのみサポートします)。

統合システム運用管理 ジェーピー・ワン(新規ウィンドウを表示)