ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:FAQ:概要

Q01. EUR はどんな時に役立つ製品ですか。

「イメージ通りに帳票を作成したい」「簡単・スピーディに帳票システムを構築したい」「既設システムとスムーズに連携したい」などのニーズにお応えする帳票基盤製品です。

EURのポイントを特集していますので、ご覧ください。

Q02. EUR V10のコンセプトを教えてください。

EURのコンセプトは、多彩な機能をオールインワンで提供し、帳票の作成から、出力、運用、展開までトータルに支援できることです。詳細は、次のページをご覧ください。

Q03. EUR V10で製品体系に変更はありますか。

製品体系は、基本的に変更ありません。
なお、V10では、uCosminexus EUR Server Print Editionにあたるサーバ帳票印刷専用製品はご用意しておりません。引き続き、uCosminexus EUR Server Print Editionをご利用ください。また、すべての製品名から「uCosminexus」を外しています。

Q04. EUR V10の特長を簡単に教えてください。

すぐに利用できます

製品をインストールするだけで、直ちに帳票の作成から出力までを利用できます。

開発リソースを抑えます

帳票作成はもちろん、帳票出力処理もプログラムレスですぐに利用できる機能をご用意しています。処理方式も理解しやすく、開発リソースが大幅に抑えられます。

保守性が優れています

EURで作成した帳票ファイルは、レイアウト情報や帳票に取り込むデータの位置情報や属性情報で構成されたシンプルなつくりのため、運用開始後でも簡単に修正できます。

グローバルで利用できます

多言語対応の帳票出力、海外OSに対応した開発環境・実行環境の提供により、海外拠点まで帳票システムを拡張する際にEURで帳票ツールを一本化できます。

導入コストを抑えます

国内用・海外用と製品を分けて購入する必要はありません。サーバ実行環境製品に同梱のクライアントモジュールは1000ユーザまで利用できます。アダプタ機能やスプールサーバ機能も自由に配置できます。

大切な帳票を守ります

アクセス制限の設定や監査ログの利用で大切な帳票を守ります。

ネットワークの通信負荷を抑えます

EURの独自形式ファイル(EPF)は、通常のスプールデータの1/100以下程度の容量です。そのため、通信負荷を抑えて指定プリンタへの印刷ができます。

高トランザクションでも安定稼動します

業務アプリケーションからの帳票処理要求の流量が制御できるため、安定した帳票出力環境を実現します。

EUR旧製品からアップグレードできます

EURがアップグレードしても帳票ファイル資産は再利用できます。詳細は、次のページをご覧ください。

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。