ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:願書受付発行システム例

願書受付発行システムにおけるEUR適用前の課題と適用後の効果についてご紹介します。

EUR 適用前の課題

  • 入学願書の取り寄せ以外に受験生にできるサービスがあれば利用したい。
  • 受験生のデータ登録を行う際に入力ミスを誘発しやすいので防ぎたい。
  • 限られた時間で受験票の発行作業を効率よく行いたい。

EUR 適用

EUR 適用後の効果

  • 受験生へのサービスとしてインターネット経由でOCR読取り対応願書が提供できるパスが追加できた。
  • OCRスキャナを使用して願書を読み込むことで、データ入力時の入力ミスが低減できた。
  • 受験票発行まで自動化でき、作業効率が良くなった。

EUR 適用後の効果図

EUR適用後にできることを、詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

  • 開発環境では、作成した帳票ファイルを利用してPDF形式の帳票が出力できます。
  • 監視フォルダに格納されたcsvデータのパターンを解析し、複数の帳票処理を自動的に振り分けて実行します。

日立のOCRスキャナを利用した高機能OCRシステムについて

定型帳票から非定型帳票まで幅広く対応できる高機能OCRシステムを実現します。活字、手書き文字、バーコード及びイメージの読取りを高速に処理します。

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。