ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:@Tovas企業間帳票配信クラウドサービスとの連携

背景・課題

EUR@Tovas企業間帳票配信クラウドサービス(FAX、電子配信)との連携で、
お客様の課題を解決します!

課題・解決

帳票を効率良く仕分け出力

  • 帳票の仕分けと出力を自動化したい。

EURで解決!

  • EURの仕分け機能で帳票の自動仕分出力が可能です。

郵送の電子化、FAXサーバのクラウド化

  • 郵送業務の負担が大きく電子化したいが、100%の電子化は難しく、FAXや郵送の業務がどうしても残ってしまう。
  • FAXサーバの買い替えにコストがかかる。
  • 上位システムの改修や、システム連携の開発にかかる工数はなるべくおさえたい。
  • 電子メールでは安全性・信頼性が不安。

@Tovas企業間帳票配信クラウドサービスで解決!

  • 電子、FAX、郵送代行と、受信先の希望に合わせた送信手段の選択が可能です。
  • クラウドサービスなので、専用サーバや専用回線は不要。システム運用の負担を軽減します。
  • 連携モジュールの提供により、EURとの接続をノンプログラミングで実現します。
  • 送受信履歴の記録(情報トレーサビリティ)の提供により、基幹帳票の安全安心な電子配信を実現します。

連携イメージ

EUR と @Tovas企業間帳票配信クラウドサービス との連携イメージ

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。