ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:TERASOLUNAとの連携

背景・課題

EURTERASOLUNA(フレームワーク)との連携で、
お客様の課題を解決します!

課題・解決

帳票処理の標準化

  • 帳票ツールの仕様ノウハウを意識せず帳票業務要件に専念して、帳票システム開発を行いたい。

EURで解決!

  • TERASOLUNAライブラリに登録された帳票作成  APIを使用してTERASOLUNAフレームワークで帳票の出力が可能です。
  • 帳票の出力先を帳票サーバやAPサーバなど柔軟に設定できます。
  • UNICODE,SJIS,EUCなど多彩な文字コードに対応しています。
  • PDF形式ファイルでの出力のほか、コンパクトに圧縮した独自ファイルの使用も可能です。ネットワーク環境に合わせて柔軟な選択肢を用意しています。

生産性・品質の向上

  • 共通化された処理方式を使用することで開発生産性を高めたい。
  • 実績のある技術を使用することで品質を確保したい。

TERASOLUNAフレームワークで解決!

  • フレームワークが処理の流れを規定し、必要な各種機能や部品を提供するため、業務に特化する部分のみに注力することができ、高品質なアプリケーションを低コストで構築できます。
  • 業務アプリケーションの基盤部分を業務ロジックから分離することで、業務仕様に変更が加わった際も早期かつ確実な反映が可能です。

連携イメージ

EUR と TERASOLUNA との連携イメージ

連携製品のご紹介

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。