ページの本文へ

Hitachi

帳票ツール EUR V10:連携製品:Secure Unify / e-紙紋Ⅱ

(セキュリティソフト)

日々行う業務資料の印刷処理において、紙文書にセキュリティ情報を埋め込む事で、紙媒体による情報漏えいリスクの低減を期待できる製品です。万が一漏えいした場合は、その印刷物から漏洩経路を追跡する一助になります。

製品概要

『Secure Unify / e-紙紋Ⅱ』は、印刷物に見えない透かし情報(印刷者や印刷日時等)を埋め込む事により、社外持ち出し時のリスクや情報漏えいに対する印刷者の意識を高めます。さらに「持ち出し禁止」などの背景文字印刷機能と組み合わせる事で、さらに重要文書である事をアピールできます。
見えない透かし印刷で印刷した帳票は、デザインを損ねずに印刷できるため、印刷物をそのまま顧客に提出可能です。従って、社内向け・社外向けと区別する印刷運用も不要となります。
帳票ツール『EUR』で作成した帳票を印刷する場合に、印刷物に見えない印刷情報を埋め込む事により、システム上で取得した印刷ログとその印刷帳票とを関連付ける事ができ、不測の情報漏えい時にも問題解決をスムーズに行えます。

お問い合わせ先

日立INSソフトウェア株式会社 お問い合わせ一覧
会社名 日立INSソフトウェア株式会社
お問い合わせフォーム
電話番号 045-222-6370
(営業本部)

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示

ビジネスの変化に対応する柔軟な帳票業務環境を EUR V10帳票ソリューション 課題解決を支援いたします。