ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

JavaScriptをオンにするとブレッドクラムが表示されます。EUR V10 サイトのトップページはこちら。

帳票ツール EUR V10:つぶやきコラム

つぶやきコラム

Tipsや告知、時事など、EURや帳票に関する情報をコラム形式で掲載しています。

つぶやき

告知

EUR体験版ダウンロードページをリニューアル!(2016年12月14日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

つぶやきコラム第6回のテーマは「EUR 体験版」です。

この度、EURの体験版ダウンロードページをリニューアルしました!

体験版では、マウス操作による帳票作成や帳票印刷、帳票出力(PDF/Excel)など、
製品同等のさまざまな機能をまるっと体験いただけます。
ツールの操作感や機能の検証など、帳票にご興味をお持ちの方にはおすすめです。

また、EURを理解するために便利なスターターガイドをご提供しています。
ガイドに沿って操作することで、EURの基本機能を一通り体験することができます。
リニューアルでガイドが用途ごとに分かれたので、必要なところからすぐに始められます。

ぜひ一度EURを体験して、帳票活用の検討にお役立てください!

それでは、また次回お会いしましょう!

時事

迫る特需対応。今後の契約増加を乗り切るには!?(2016年11月16日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

つぶやきコラム第5回のテーマは、東京五輪・パラリンピック「特需対応」です。

2020年の開催まであと4年!
施設やホテルの建設、道路整備などが本格化してきました。

建設業界や物流業界などの特需の拡大は続き、取引先や関係先の増加が見込まれます。
さまざまな契約が必要になるため、書類作成の手間が増え、記載ミスも起こりがちに・・・。
また、必要書類を見つけ出すのにも時間がかかり、事務作業のコストが増加します。

契約関連の事務作業に人件費を投入する前に、
今の運用が改善できないか、一度チェックしてみませんか?

それでは、また次回お会いしましょう!

告知

EURのTips集を公開!(2016年10月28日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

つぶやきコラム第4回のテーマはEUR「Tips集」です。

いよいよ風も冷たくなり、街の空気も秋の色に染まってきました。
日々の業務では年の瀬に向けた準備を始める頃ですが、
毎年必要となる帳票の修正やコストなど、お困りのことはありませんか?

この度、EURでは「Tips集」ページを追加しました。
帳票に関するさまざまな場面でのヒントになるような情報をご紹介します。

今後も随時更新予定となっているため、ぜひご覧ください!

それでは、また次回お会いしましょう!

Tips

EURをもっと便利に!OSSを使って簡単にグラフ表示!(2016年9月12日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

つぶやきコラム第3回のテーマは「グラフ付き帳票」です。

より便利に利用いただくためのTipsとして、
画像マッピングを利用したグラフ付き帳票についてご紹介します。

EURは文字列や数値だけではなく、業務データで指定した任意の画像をマッピングすることができます。
OSSの統計解析プログラム「R」を利用したグラフ作成と組み合わせれば、
とてもシンプルな処理でグラフ付き帳票を出力できます。ぜひお試しください!

グラフ付き帳票の作成ステップ

業務データ(CSV形式ファイル)から、グラフ付き帳票を作成する方法の例です。

  1. 「R」でグラフ画像を作成
    業務データ(CSV形式ファイル)を「R」で読込み、グラフ画像を出力します。
  2. 「EUR」で作成した帳票にグラフ画像をマッピング
    業務データ(CSV形式ファイル)にグラフ画像のファイルパスを記載しておき、EURの帳票作成画面でグラフ画像を帳票にマッピングします。
    コマンドで帳票出力を実行すれば、グラフ付き帳票が作成できます。
  3. バッチファイルを作成して出力!
    「R」は「Rscript」コマンドを使えば、コマンドラインから実行できます。
    グラフ画像を出力するスクリプト実行と帳票を出力するコマンドをバッチファイルでまとめれば、一括でグラフ付き帳票を出力できます。

それでは、また次回お会いしましょう!

Tips

帳票ツールとは?どんなメリットがあるの?(2016年7月8日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

前回「帳票」について説明しましたが、
つぶやきコラム第2回のテーマは、「帳票ツール」です。

「帳票ツールって何?」「どういう時に役立つもの??」
こんな疑問を持っている方向けに、できるだけ簡単に帳票ツールについて説明します!

帳票ツールとは?

帳票ツールとは、「帳票を作成・出力するためのツール」です。
ExcelやWordのように汎用的に文書を作成するツールではなく、
帳票の作成・出力に特化したツールのことを「帳票ツール」といいます。

これをきっかけに、帳票ツールのことを少しでも知っていただけたならうれしいです。
それでは、また次回お会いしましょう!

Tips

そもそも帳票とは?(2016年6月15日)

こんにちは。帳票ツールEUR宣伝担当です。

EURの最新情報やTips、帳票に関する時事ネタなどを発信する
「つぶやきコラム」をはじめました。
気軽に読んでいただき、EURや帳票のことを少しでも身近に感じていただけたらと思います。

つぶやきコラム第1回のテーマは「帳票」です。

「帳票」という言葉がピンとこない!

そう思う方、多いと思います(私もその一人でした)。
そこで、ちょっとだけ「帳票」について説明させてください。

帳票とは、伝票や帳簿などの書類のことで、
きまったフォーマット(ひな型)で、データを出力するものです。
ビジネスの世界では、金銭の収支や物品の出入りなど
取引(やりとり)の内容を「記録」し、「証拠」として利用したりします。
身近な例では「給与明細」も帳票です。
きまったフォーマットに、みなさんの個人データ(給与データ)を出力しています。
他にも、帳票はいろいろな所で使われています。

実際の帳票を見れば、イメージがつかみやすいと思います。ぜひサンプルをご覧ください。

それでは、また次回お会いしましょう!

JavaScriptをオンにするとナビゲーションが表示されます。
EUR V10 の製品サイトマップはこちら。