ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

文書管理基盤 DocumentBroker Version 3

日本版SOX法、個人情報保護法、e-文書法など、法律という観点からも、企業の文書管理に対するさまざまな要件があがってきています。決められたルールに準拠して業務を実施しているか、帳票や帳簿、契約書、証憑などの業務の証拠文書を正しく保管しているか、情報漏えい対策は十分か、改ざんの心配はないか、監査に備えているか・・・
文書管理基盤「DocumentBroker Version 3」なら、業務の中で作成・承認された文書を企業活動の記録として全社的に統合管理することで、これらの要件を満たす文書管理システムを構築できます。
企業がより高いレベルで、社会的責任を果たすために。 業務の透明性を証明し、その根幹を支える、永続的な文書管理環境の実現を支援します。

5月末リリース予定 uCosminexus DocumentBrokerの紹介へ

トピックス&ニュース
2009年3月24日

カタログ

DocumentBrokerの製品カタログについてご紹介しています。

技術資料

DocumentBrokerの製品リーフレットやソリューションリーフレットについてご紹介しています。

適用ケース紹介

導入事例を用いて、DocumentBrokerの適用ケースについてご紹介しています。
導入ご検討の際にお役立て下さい。


DocumentBrokerは、日立グループの「環境情報表示制度」に基づき環境性能を評価し、適合した製品です。 詳しい環境情報は、当社のホームページでご覧いただけます。
日立グループの環境活動DocumentBrokerのデータシート