ページの本文へ

Hitachi

DevOps サービス

コンセプト

基幹システムの開発プロセスにDevOpsの手法を取り入れ、開発&リリーススピードの向上を!

  近年、市場を取り巻く環境の変化が一層激しくなっており、Webサービス系システムだけでなく基幹システムにおいても、その変化に追随できるアプリケーション開発や本番環境への適用が求められています。このような中、開発と運用の一体化により、市場ニーズにあわせたアプリケーションの開発、検証、運用を非常に速いサイクルで実現するDevOpsの適用が期待されています。 しかし、これまで基幹システムへのDevOpsの適用には、アプリケーションの品質確保への不安や最新技術を習得して運用・保守ができる人員の不足といった課題がありました。

  今回、日立は、基幹システムに適した開発ツールやアプリケーションの実行に必要な各種ミドルウェアで構成されたDevOps環境を、サービス型で提供します。専用のポータル画面から利用申請するだけで、アプリケーションごとの開発環境やビルド・テストの自動実行が可能な検証環境を容易に生成できるため、迅速に開発を始めることができます。また、テストの自動実行やテスト結果を受けた修正プログラムの結合において、開発責任者の承認をプロセス化できるため、基幹システムに必要となる堅ろうな開発管理が可能です。さらに、Dockerコンテナの活用により、異なるクラウド環境におけるアプリケーションの開発・検証・運用までをシームレスに管理することができるほか、開発から実運用までの移行が容易になります。加えて、運用時の稼働監視や維持保守を日立が代行することも可能です。
これらにより、開発から運用のすべてのプロセスにおいて迅速な対応と高い品質確保の両立を支援します。

  日立は今後も、基幹システムにおけるノウハウと最新の技術を組み合わせ、顧客の多様なニーズに応えながら高い競争力を創出できるシステム開発とビジネスの革新を支援していきます。

コンセプトイメージ

新規ウィンドウアイコン:新規ウィンドウを表示