ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
uCosminexus Service Platform - WorkCoordinator

uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorは、日立の実績ある技術をベースにした、高信頼のワークフローを提供します。人がかかわる業務アプリケーションを、業務の流れに沿って統合し、全体を一つのサービスとして扱うことができます。

実行環境 uCosminexus Service Platform - WorkCoordinator

通常の業務の中には、アプリケーションプログラムが処理する部分と、人が処理する部分が混在しており、それらを円滑に進行させる仕組み作りが必要です。uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorは企業内外に分散する人が介在する業務アプリケーションを、その流れに沿ってワークフロー定義で統合し、全体を一つの大きなシステムとして運用することができます。ワークフロー定義で定義された業務の流れは、ワークフロー技術を用いて制御します。

uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorはワークフローDBが管理する案件進捗状況と、業務アプリケーションによる業務DBの更新で不整合が起きないよう、同期をとって両方のDBを更新することができます。

uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorの概要

業務手順の変更に柔軟に対応

業務手順が変更になった場合に、運用中のワークフロー定義を変更したり、現行業務手順と新業務手順を並行運用したりなど、柔軟な運用が可能です。このように状況に応じて柔軟に対応できるため、システムを段階的に成長させていくことが容易です。まず最優先される部分に導入し、実際に使用しながら、業務アプリケーションを追加・統合し、システムを拡張することができます。

Webベースの案件監視ツールを提供

ワークフロー基盤で実行される案件の監視には、Webベースのツールを提供しています。このツールを使用することで、案件の状態を把握できるので、異常を検知し対処することができます。

Webベースの案件監視ツールを提供

監査ログを出力

ビジネスプロセス定義の登録/変更や、コマンドによる設定の変更、案件運用操作による案件の操作などを監査ログに出力できますので、「いつ」「誰が」「どんな操作」を行ったかを確認できます。

条件の変化で遷移するワークフローの表現方式

uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorでは、表現形式として「マルチタイプモデル」を採用しています。作業の手順をあらかじめ固定するのではなく、業務をいくつかの条件(データ条件)の状態に基づいて遷移させる表現形式です。
例えば、一つの業務ステップにおいて、条件によって発生する作業がある場合、「発生条件」を定義すれば複数の作業を逐次的な業務の流れとして表現することができます。また「完了条件」を定義すれば、既に条件を満たしている作業をスキップするように表現することも可能です。
このような高度かつ自由度の高い表現形式により、複数の異なる業務タイプを1つのワークフロー定義の中に組み入れて表現できます。

条件の変化で遷移するワークフローの表現方式

人事異動・組織変更に強いワークフローを実現

ワークフロー定義には、各作業の作業者を直接指定せず、作業者の割り当てルールを指定しておきます。作業実行時に呼び出される割り当てルールの内容に基づいて、作業者の情報が格納されているデータベース(作業者データベース)などが検索され、実際の作業者が決定します。
作業者データベースに既存の人事データベースを指定することで、人事異動など人員の変更に対して、ワークフロー定義を変更せずにテーブルの変更のみで対応することが可能です。

人事異動・組織変更に強いワークフローを実現

開発環境 uCosminexus Service Architect - WorkCoordinator

uCosminexus Service Architect - WorkCoordinatorは、uCosminexus Service Platform - WorkCooridnatorの開発環境です。ワークフロー定義の開発、ワークフローAPIを提供し、ワークフローの開発が可能です。

ワークフロー基盤でシステムを構築すると処理の流れと業務ロジックが自然に分離されます。
uCosminexus Service Architect - WorkCoordinatorは、業務の流れを定義するワークフロー定義ツール、業務ロジック開発のための作業一覧などの情報取得、フロー制御のAPIを提供しています。

uCosminexus Service Architect - WorkCoordinatorの概要

処理の流れと業務ロジックを分離

ワークフロー基盤でシステムを構築すると処理の流れと業務ロジックが自然に分離されます。業務ロジックの中に処理の流れが入り込まないため、業務ごとに閉じた開発が可能となり、複雑さを低減できます。

グラフィカルな定義ツールを提供

ワークフロー定義は、グラフィカルな定義ツールで開発します。業務名称や各業務の作業内容、業務手順などをGUIに沿って定義していけばよいため、開発が容易です。

開発の容易性

BPMN開発環境 uCosminexus Business Process Developer

uCosminexus Business Process Developerは、ビジネスプロセスの標準的な表記法であるBusiness Process Model and Notation version 2.0 (BPMN)に沿ったビジネスプロセスを作成するための開発環境です。ビジネスプロセスの作成にBPMNを用いることで、業務のモデル化および分析、システム化をスムーズに行うことが可能です。

BPMN開発環境

uCosminexus Business Process Developerで作成したBPMNに沿ったビジネスプロセスを、uCosminexus Service Platform - WorkCoordinatorが実行できるビジネスプロセスへ変換することができます。

動作環境

※ 対応しているOSの詳細については、弊社営業までお問い合わせください。

Windows版

Windows Server
製品名 Windows Server 2012 Windows Server 2008
uCosminexus Service Platform - WorkCoordinator
uCosminexus Service Architect - WorkCoordinator
uCosminexus Business Process Developer
Windows
製品名 Windows 10 Windows 8 Windows 7 Windows Vista
uCosminexus Service Platform - WorkCoordinator
uCosminexus Service Architect - WorkCoordinator
uCosminexus Business Process Developer

●:対応(対応予定を含む)、−:未対応

Linux/UNIX版

Linux/UNIX版
製品名 Red Hat Enterprise Linux AIX HP-UX (IPF版) Solaris (SPARC版)
x64版 x86版 IPF版
uCosminexus Service Platform - WorkCoordinator

●:対応(対応予定を含む)、−:未対応

価格

弊社営業までお問い合わせください。

製品マニュアルに関するお知らせ

本製品のマニュアルは、マニュアル名称が「uCosminexus Service Coordinator Interactive Workflow」で始まるマニュアル、および、「Cosminexus アプリケーションサーバ」で始まるマニュアルです。マニュアルを参照する場合は、上記マニュアルをご覧ください。

マニュアルは、下記「マニュアル」のページからご覧いただけます。

Cosminexusに関するお問い合わせや資料請求はこちらからどうぞ。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。