ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Antのbuild.xmlをEclipseから自動生成するには?

EclipseからAntを実行するには?に引き続き、Antに関連したお話をします。

前回は、build.xmlを自分で用意してからAntを実行しましたが、実は、Eclipseには自動でbuild.xmlを生成する機能がありますのでご紹介します。

Javaプロジェクトの「プロパティ」ダイアログで設定してある

  • Javaソース格納先フォルダ
  • クラスファイル格納先フォルダ
  • コンパイラー準拠レベル
  • クラスパスの設定

などの情報をもとにして、build.xmlが自動生成されるのです。

実際にbuild.xmlを自動生成させてみましょう。

(1)
Eclipseメニューから「ファイル」>「エクスポート」を選択します。

(2)
「エクスポート」ダイアログが表示されるので、「一般」>「Antビルド・ファイル」を選択し、次のページへ進みます。

「エクスポート」ダイアログ画面

(3)
ビルド対象のJavaプロジェクトを選択し、さらに、ビルド・ファイルの名前が「build.xml」となっていることを確認したら、「終了」ボタンをクリックします。

「エクスポート」ダイアログ>「Antビルド・ファイル」ページ

これで、build.xmlの自動生成が完了しました。

「パッケージ・エクスプローラー」ビューを見ると、上記手順の(3)で選択したプロジェクト内にbuild.xmlが追加されているのがわかりますね。

「パッケージ・エクスプローラー」ビュー

では、自動生成されたファイルの中身を見てみましょう。
生成されたbuild.xmlをダブルクリックして開いてみると・・・

自動生成されたファイルの中身

コードの量がたくさんで、一瞬びっくりしてしまうかもしれませんね。

Antでは、一連の処理のまとまり(ターゲットと呼びます)を定義しておき、そのターゲットに対してAntを実行します。

「アウトライン」ビューを見ると、Javaソースをコンパイルするターゲットだけでなく、初期化処理をするターゲットや、コンパイル結果をクリーンにするターゲットなど、様々なターゲットが自動生成されているのがわかります。

自動生成されたbuild.xmlをそのまま使ってもよいのですが、一度、内容を確認し、自分にとって必要な処理と不要な処理とを切り分けてから、すっきりとした読みやすいbuild.xmlへとカスタマイズするのがよいでしょう。