ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Javaでは、クラス名、メソッド名、変数名に日本語が使えます

今回は、Javaの言語仕様の話です。

Javaの言語仕様では、クラス名、メソッド名、変数名などの識別子(identifier)は、「Unicodeの文字列」であると定義されています。

すなわち、クラス名、メソッド名、変数名に日本語を使用することができるのです。

例えば、以下の処理の出力結果は、正しい値である「 1 」となります。

変数名に日本語を使用した場合

できれば実際に書いてみてください。「へえ〜〜〜」となること請け合いです。

プログラムが日本語で書ける、というのは大変興味深いですね。

ただし、Unicodeの範囲であっても実際には使用できない文字(例えば読点「、」など)がありますので注意が必要です。

このような事情を知らない人がプログラムを見ると、強い違和感を感じることがあるようですので、実務では日本語を使用しない方がよいでしょう。

※Java言語仕様における識別子の詳細は、

を参照ください。