ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Eclipse でソースコードをコメント化するショートカットは?

Java プログラムをコーディングする際には、「コメント」を頻繁に活用されると思います。

例えば、

  • コードについてのちょっとしたメモを書いておこうかな。
  • デバッグ用に書いたコード(print文)を、実行しないように変更してしまおう
    (でもまた使うかもしれないから削除まではしないでおくけど)。

などのときに使いますね。

Javaのコメントには次の3種類あります。

(1)「//」以降、行末までをコメントとする形式
(2)「/*」と「*/」で対象を囲む形式
(3)「/**」と「*/」で対象を囲むJavadoc用のコメント形式

今回は、(1)のコメント形式についてご紹介します。

コメントの始まりを示す // は、行頭でも、行の途中でも書くことができますが、頻繁に使用するのは行頭に書くケースではないでしょうか。

Eclipse では、行頭に // を追加するショートカットキーを用意しています。
それは、コメント化したい行にカーソルを移動した後に、

CTRL - /

です。

「コメントはスラッシュから始まるので、スラッシュの前にCTRLキーを押す」と理解すれば、すぐに覚えられます。

(なお、 CTRL - 7 でも同じことができます。しかし、 CTRL - / の方がより直感的に使用できますので、こちらのキーをお勧めします。)

また、行頭で // によりコメント化されている行にカーソルを移動した後、

CTRL - /

とすれば、コメントを外すことができます。これも、覚えやすいですね。

1行だけをコメント化するのであれば、手入力でよいかもしれません。しかし、複数行を一気にコメント化したいときには、このショートカットキーが威力を発揮します。
一気にコメント化するには、

コメント化したい最初の行にカーソルを移動し、シフトキーを押しながらカーソルを  移動させてすべての行を選択した後、 CTRL - /
です。

さて、ここでショートカットを使ったときの細かな動作を挙げておきます。

(1)行頭からスペースやタブでインデントをつけており、その後ろに // がある場合、その // は「行頭にある」と判断されます。

そのため、この状態で CTRL - / とすると、コメントが外れます。

(2)行頭に // のある行と // のない行を一緒に選択して CTRL - / とすると、コメント化されます。

すなわち、行頭に // のある行では、さらに // が付加されて //// となります。
Java 文法としては問題ありませんが、コメントを外すのがちょっと面倒になってしまいますので気をつけてください。

このショートカットはとても便利な機能ですので、ぜひ使いこなしてください。