ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Eclipse ワークスペースの新規作成と切り替え方法

Eclipse用語「ワークベンチ」「パースペクティブ」「エディター」「ビュー」「ワークスペース」についてでは、Eclipse 用語である「ワークスペース」についての説明をしました。

「ワークスペース」とは、Eclipse 上で作成したプロジェクト等の各種リソースを格納するディレクトリのことでしたね。

今回は、「ワークスペースの切り替え」について説明します。

皆さんが Windows を使われる時、作業に応じてディレクトリを作成し、作業領域を分けてリソースを格納していると思います。

Eclipse で作業を行う場合も、個人の勉強用のワークスペース、チーム開発用のワークスペース、調査用のワークスペースなど、用途に応じてワークスペースを分けたい時があるかと思います。

そんなとき、「ワークスペースの切り替え」を使用します。

用途ごとにワークスペースを作成しておき、メニュー・バーで「ファイル」>「ワークスペースの切り替え」から使用したいワークスペースを選択します。

新規にワークスペースを作成する場合は、切り替えるときと同様にメニュー・バーで「ファイル」>「ワークスペースの切り替え」>「その他」を選択し、「ワークスペース・ランチャー」ダイアログで新しいワークスペース名を入力するだけです。

このとき、ダイアログ内の「コピー設定」を選択すると、既存のワークスペースで設定した「ビューのレイアウト」や「ワーキング・セット」を新しいワークスペースにコピーすることができます。

ご活用ください。