ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Eclipse用語「ワークベンチ」「パースペクティブ」「エディター」「ビュー」「ワークスペース」について

Eclipseをこれからマスターしようとする人にとって、最初に直面する壁は「Eclipse用語」ではないでしょうか。
そこで、今回は最初に覚えるべき用語である、「ワークベンチ」「パースペクティブ」「エディター」「ビュー」「ワークスペース」について説明したいと思います。

Eclipse用語

「ワークベンチ」

Eclipseを起動すると、1つの作業台が起動します。この作業台のことを「ワークベンチ」と呼びます。
ワークベンチは、次に説明するパースペクティブやエディター、ビューの土台となっている部分のことで、ワークベンチそのものが画面上に表示されることはありません。

「パースペクティブ」

ワークベンチには、たくさんの機能があります。しかし、ある1つの作業をする際には、その一部の機能しか使いません。そのため、Eclipseでは必要な機能だけを選んで画面上に表示するようにしています。
どの機能を表示するかを選んだもの、さらに選んだ機能をどのように配置するかを決めたものを、「パースペクティブ」と呼びます。
(パースペクティブには"視野"、すなわち"目に見える範囲"という意味があります。)
Eclipseを起動すると、1つのパースペクティブが選択されて画面に表示されます。

「エディター」「ビュー」

パースペクティブは、エディターとビューで構成されています。
エディターは、プログラムなどのデータの作成、編集、保存を行う機能です。
ビューは、さまざまな情報を表示し、かつそれらに対して操作を行うことのできるウィンドウです。

「ワークスペース」

Eclipseでは、作成したプログラムや画像ファイルなどのリソースを専用のディレクトリに格納します。
このディレクトリのことを「ワークスペース」と呼びます。