ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
Hitachi Navigation Platform:連携ソリューション

御社開発のパッケージ製品に、ナビゲーション機能を付けませんか?

ナビゲーション機能によって、パッケージの機能はさらに使いやすくなり、製品の価値もより高まります。
また、使いやすくなることで、エンドユーザの裾野が広がり、顧客満足度アップなど、さまざまな効果が見込めます。

たとえば、こんな手順を効果的にナビゲーションします

たとえば、こんな手順を効果的にナビゲーションします

  • ベテランのノウハウを手順化し、だれもが利用できるように。
  • 決められたルールを手順化し、それに従って業務を遂行できるように。
  • 複雑な操作を手順化し、迷わず素早くゴールまでたどり着けるように。

事例:製品のコンセプトは、「全社員が毎日の実業務の中で使えるBIツール」

BIツールを活用するには、分析するための仮説検証のノウハウが必要です。しかし、現場部門のユーザはそのノウハウを持っていないため、BIツールを活用した意思決定を現場に根付かせることが困難でした。

株式会社DTSでは、すでに数百社への導入実績を持つBI製品「データスタジオ@WEB」に、作業手順ナビゲーション 「Hitachi Navigation Platform」を組み込み、専門のスキルや知識がなくても、高度な分析を行える新しいBIツール「BI NavigationStudio」を製品化しました。

BIツールのユーザ層が、経営者から現場に拡大。BIに対する敷居を下げることで、エンドユーザ数を増やします。

株式会社 DTS 「BI NavigationStudio」図:分析手順は、エンドユーザ自身でも簡単な操作で変更可能。大掛かりなプログラム改修は不要です。
株式会社 DTS 「BI NavigationStudio」

日立の Hitachi Navigation Platform にお任せください

Hitachi Navigation Platformは、だれもが、効率よく、間違わずに、作業することをサポートするナビゲーションツールです。パッケージ製品の操作画面として、ご導入いただけます。

日立の Hitachi Navigation Platform にお任せください

特徴1:手順、画面をカンタンに作成・改訂

フローやガイダンスは、GUIエディタで手軽に作成・改訂できます。
業務上の必要に応じて、その場で画面を編集できるので、スピーディかつ低コストです。

特徴1:手順、画面をカンタンに作成・改訂

特徴2:複数の連携方法から選択

次の3種類の連携方法から選択できます。

  1. URLによる双方向リンク参照
  2. 画面取り込み
  3. 入出力データの受け渡し

特徴2:複数の連携方法から選択

Hitachi Navigation Platformは、連携・協業できるパッケージベンダーさまを歓迎します。ぜひ、ご検討ください。

Hitachi Navigation Platformを安心してご導入いただけるよう、支援メニュー「ミドルウェアソリューション」をご用意しています。

弊社では、日立オープンミドルウェアをお取扱いいただくパートナーさまをサポートさせていただくサービスをご用意しています。

リーフレット

各種説明会、セミナーを定期的に開催しています。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。