ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
Hitachi Navigation Platform:構成/機能

製品構成

製品名 機能概要
Hitachi Navigation Platform 作業手順を示すフローチャートやガイダンス(業務コンテンツ)を実行・編集します。
Hitachi Navigation Platform for Developers システム連携用のプログラムを開発・テストします。

豊富な機能

Hitachi Navigation Platformは、コンタクトセンター製品や運用管理製品、ワークフロー、メールなどさまざまな既存システムやリソースと連携できます。お客さまの業務の変化や他の業務・データとの関連づけをサポートする多彩な機能を提供します。

特定の作業手順をURLで呼び出し。ハイパーリンクで情報を必要なときに表示。プログラム開発により既存システムと連携。担当者や作業時間などの操作ログを取得。

CTI: Computer Telephony Integration
CRM: Customer Relationship Management

他システムから特定の手順を呼び出し

ハイパーリンクでHitachi Navigation Platform上の作業手順を呼び出すことができます。例えば、メール本文に作業手順のハイパーリンクを記述して、担当者に作業を指示できます。また、ハイパーリンクを記述できる既存システムから作業手順を呼び出すようにすれば、既存システムの操作の延長で、状況に応じた適切な手順をピンポイントで参照させることができます。

必要な情報を必要なときに表示

手順の詳細を示すガイダンスにハイパーリンクを設定可能です。社内のwebサイト上にある業務システムや資料を、適切なタイミングで参照したり、呼び出したりできます。そのため、ドキュメントを探す必要がなく、業務システムの使い方に迷うこともありません。

連携プログラム作成による既存システムとの連携

既存システムと連携するプログラムを作成することにより、既存の情報資産を有効活用できます。例えば、業務データベースのデータを画面に表示したり、画面上で入力した内容を業務データベースに登録するといった機能を実現。Hitachi Navigation Platformの画面上で、手順を完結できます。

手順の版管理/変更点の差分表示

どの手順が最新版なのかを確認でき、さらに、版ごとの変更点をひと目で確認することができます。また、編集した手順を管理者の承認によって公開するといった運用も可能です。

変更点をひと目で確認

お客さまの既存業務に合わせて、最適な導入の形をご提案します。
詳しくは弊社営業、または問い合わせセンターへお問い合わせください。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。