ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
Hitachi IT System Configuration Manager

Hitachi IT System Configuration Managerはシステム基盤のSI業務(設計・構築)を省力化し、迅速なサービス提供を支援します。
定数設計書を入力としてミドルウェアのパラメータ設定およびセットアップを自動化するため、システム基盤の構築の工数を削減できます。また、定数設計書からのパラメータ反映漏れなど、人手によるミスのリスクを減らすことで、安定した品質でのシステム基盤構築を実現します。

特徴

設計の標準化と構築自動化により短期間開発を支援

システム基盤の構築には、ネットワーク・OS・ミドルウェア間の依存関係を考慮した設計が必要です。また、従来はシステム構築作業を手動で行っていたため、手間と時間が掛かり、コスト増大の原因となっていました。
Hitachi IT System Configuration Managerは、システム基盤の設計をテンプレート化して管理し、構築を自動化することにより、短期間でシステム基盤を構築し、ヒューマンエラーも排除できます。
また、 Hitachi IT System Configuration Managerでは、既存の設計が組み込まれたテンプレートを再利用し、要件の違いに影響を受ける部分だけを設計し直すことで、別のシステム基盤を構築することができ、設計作業の省力化・期間短縮を実現します。

設計の標準化と構築自動化により短期間開発を支援

JP1/PFM:JP1/Performance Management - Manager

定数設計書を活用した設計の見える化でシステム品質の確保

システム基盤の構築では、OS・DBサーバ・APサーバといった単位で設計担当者が分かれた場合、各担当者間での情報共有やレビューは設計書を使って行います。
Hitachi IT System Configuration Managerでは、定数設計書をそのまま入力としてシステム基盤を構築することで、パラメータの反映漏れなどのミスを減らすことができ、安定した品質でのシステム基盤を実現します。

定数設計書を活用した設計の見える化でシステム品質の確保

JP1/PFM:JP1/Performance Management - Manager

既存の業務フローを活用したシステム基盤の構築

OSやミドルウェアの担当者ごとに構築作業を自動化することができるため、既存の作業フローはそのままで、自動化のメリットを享受できます。

既存の業務フローを活用したシステム基盤の構築

JP1/PFM:JP1/Performance Management - Manager

JP1製品との連携によるシステム基盤の安定運用

IT運用の標準化/自動化を実現するJP1/Automatic Operationと連携できます。ホストのデプロイ、ミドルウェアのインストール、セットアップ、稼働監視の設定など、システム基盤構築・運用の定型作業を自動化することにより、システム基盤全体の構築・運用の省力化と安定した運用を実現します。

JP1製品との連携によるシステム基盤の安定運用

JP1/PFM:JP1/Performance Management - Manager

機能

Hitachi IT System Configuration Managerはシステム基盤のSI業務(設計・構築)を省力化し、迅速なサービス提供を支援します。

uCosminexus Service Directorの機能

ISCM:Hitachi IT System Configuration Manager

Hitachi IT System Configuration Managerはシステム基盤の設計をテンプレート化して管理しています。条件に合ったテンプレートを選択するだけでシステム基盤を構築できます。
テンプレートはカスタマイズやエクスポートが可能なため、ノウハウの蓄積や新規ミドルウェアへの対応が容易です。

システム基盤環境の構築作業を容易に

Excel形式の定数設計書を入力として、複数のホストに対するミドルウェアのセットアップやパラメータの更新、OSのパラメータの更新を一括で行うことができます。
定数設計書はExcel形式のため、パラメータのデフォルト値や設定根拠を記載したり、Excelの機能を使用してパラメータ値を算出したりすることも可能です。

システム基盤環境の構築作業を容易に

JP1/Automatic Operationとの連携によるシステム基盤構築の自動化

Hitachi IT System Configuration Managerでは、ミドルウェアのセットアップやパラメータの変更などの操作をJP1/Automatic Operationのサービステンプレートとして提供しています。他のサービスと組み合わせることにより、例えばセットアップしたミドルウェアについて稼働監視の設定を行うなど、システム基盤構築のための定型作業を自動化することができます。

JP1/Automatic Operationとの連携によるシステム基盤構築の自動化

JP1/PFM:JP1/Performance Management - Manager

システム構成例

システム構成例

動作環境

※ 対応しているOSの詳細については、弊社営業までお問い合わせください。

Windows Server
製品名 Windows Server 2012 Windows Server 2008
Hitachi IT System Configuration Manager
Windows
製品名 Windows 10 Windows 8 Windows 7 Windows Vista
Hitachi IT System Configuration Manager

●:対応(対応予定を含む)、−:未対応

使用できる機能に制限があります。詳細は製品添付のリリースノートを参照いただくか、お問い合わせください。

価格

※ 記載している価格は、2014年9月現在のものです。

Windows版
製品名 税抜
Hitachi IT System Configuration Manager 500,000円〜

製品紹介資料

Hitachi IT System Configuration Managerについて、より詳しくご紹介した資料です。

Cosminexusに関するお問い合わせや資料請求はこちらからどうぞ。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。