ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
DataStage

膨大かつ煩雑なデータを統合し、企業の確かな情報活用をサポートするETLツールです。複数の対象データを抽出し、データのクレンジングや加工・統合処理を行って、データベースにロードします。

* ETL:Extract/Transform/Load

概要

DataStageは、豊富な機能を持つETLツールです。企業内に散在する大量のデータを、目的に合わせて抽出(Extraction)、加工/編集(Transformation)、格納(Loading)。データウェアハウス、データ連携、データ統合、名寄せなど、幅広い用途に対応します。

GUI操作で視覚的に開発できるため、迅速かつ高品質なシステム開発が可能です。
名寄せツールQualityStageと組み合わせることで、顧客データや企業データの統合時に発生するデータの不整合を解消し、データ品質向上が図れます。

DataStageの位置づけ

特徴

情報活用システムのスピーディな構築・拡張

名寄せなどのデータクレンジング処理やデータ加工処理などのシステムを、GUIを使った直感的な開発環境によって効率的に開発できます。

目的に応じた柔軟なデータ加工

データ抽出・変換などの部品群に加え、豊富な関数により、目的に合わせた柔軟なデータ加工ができます。

多様なデータ連携機能

HiRDB、Oracle、DB2、Microsoft® SQL Serverなどの各種DBや、固定長ファイル、CSVファイル、XMLファイルに対応します。メインフレーム系、オープン系の文字コードセットを変換する機能も持っており、各種システムのデータ連携・統合ができます。

中規模システムから大規模システムまで幅広い適用

部門サーバでの使用から複数システムにわたるデータの収集まで、幅広い用途に対応。データ量、処理時間に応じ、パラレル処理などでスケーラビリティを提供します。

動作環境/価格、詳細情報

DataStageの動作環境、価格、その他詳細につきましては、DataStageのサイトをご覧ください。