ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
ルーツ・歴史

ルーツ・歴史

名前のルーツ

無限の可能性を秘める宇宙(cosmic)に広がるシステム、それをしっかりと陰で支えるソフトウェアをイメージして、Cosminexusと名づけられました。

シンボルマーク

Cosminexusの名前の由来である宇宙(cosmic)を表す藍色を背景に、業務やサービスを象徴する力強いオレンジ色のキューブがスピード感をもって常に移動し入れ替わる様子を表しています。状況の変化に応じて最適化のための進化をすばやく繰り返すイメージです。

Cosminexusのシンボル

Cosminexusの歴史

Cosminexusは、以下のようにアプリケーション基盤としての実績を重ね、クラウドサービスプラットフォームとして、日々進化を続けています。

名称 リリース年 内容
Cosminexusの前身 1997年 Web/Java™/CORBA技術を活用したオープンなネットビジネス基盤
ラッパーによるホスト連携ワークフローによるEAI機能
Cosminexus V3 2000年 J2EE、XMLを活用したBtoC、BtoB、EAI機能
Cosminexus V4 2001年 ポータル、コンポーネントビジネスインテグレーション基盤
Cosminexus V5 2002年 高信頼JavaVM、J2EE1.3準拠
Webサービス、OpenTP1連携
Cosminexus V6 2004年 ミッションクリティカルJ2EE(OLTP技術継承)
コラボレーション
Cosminexus V7 2005年 変化に強いSOA基盤、堅牢で高効率なアプリケーション基盤、ビジネスの迅速な展開を支えるソリューション(J2EE1.4準拠)
Cosminexus V8 2009年 システムの段階的統合を可能にするSOA基盤、ノンストップを実現する高信頼性アプリケーション基盤(JavaEE5準拠)、
人の知識・ノウハウの最大活用によるビジネスイノベーションの促進
Cosminexus V9 2012年 IT投資最適化を可能にするクラウドサービスプラットフォーム、
業務単位での可視化による開発・運用の効率化、
開発生産性の向上(Java EE 6対応)
Cosminexus new 2014年 スピーディーなサービスをすばやく提供することを可能にするクラウドサービスプラットフォーム、
テスト自動化、性能ネック調査の容易化でテスト効率向上

Cosminexusの歴史