ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
uCosminexus Batch Job Execution Server

オープンシステムにおいて、基幹系バッチ業務を実行・運用するための機能を提供します。
システム基盤を支えてきたメインフレームの堅牢なバッチ運用のノウハウや資産を有効活用できます。

概要

uCosminexus Batch Job Execution Serverは、オープンシステムでバッチ業務を遂行するためのバッチジョブ実行基盤を提供し、バッチ業務で必要なソート処理や帳票システムなどの機能と連携することによって、基幹系バッチ業務をオープンシステム上に実現します。
uCosminexus Batch Job Execution Serverのジョブ定義は、バッチジョブ記述専用で必要な項目を定義していく、宣言型の理解しやすい形式です。一つのジョブを複数のジョブステップの集まりと考え、複数のプログラムの実行は、一つ一つを実行するジョブステップで制御します。また、ファイルの排他制御や、一時ファイル、世代ファイルなどの高度なファイル管理ができます。さらに、ジョブ実行結果の一元管理やジョブログ機能など、バッチ業務に必要な機能を提供しています。

バッチ業務を行うアプリケーション(業務プログラム)は、COBOL2002およびJavaで記述できます。
uCosminexus Batch Job Execution Serverおよびその関連プログラムによるバッチジョブ実行システムの概要を次に示します。

uCosminexus Batch Job Execution Serverの概要

略称の説明

BJEX:uCosminexus Batch Job Execution Server
JP1/AJS3:JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager、JP1/Automatic Job Management System 3 - Viewなどのジョブスケジューラ製品の総称
JP1/IM:JP1/Integrated Management - Manager
PDE for Open:PRINT DATA EXCHANGE for Open
SORT EE:SORT Version8 − Extended Edition

特徴

理解しやすい宣言型のジョブ定義

従来、オープンシステムではジョブを実行するためにシェルスクリプトなどでジョブの動作を記述していました。しかし、シェルスクリプトはプログラミング言語に近い逐次処理型の手続きのため、ロジックの組み立てが必要です。たとえば、プログラム異常終了時の後処理として必要なファイル削除などの記述が複雑となり、シェルスクリプトの作成および保守が煩雑となっていました。
uCosminexus Batch Job Execution Serverのジョブ定義はバッチジョブ記述専用で、必要な項目を定義していく宣言型の理解しやすい形式です。「実行するプログラム」と「使用するファイル情報」など必要な情報を宣言するだけで記述でき、プログラム言語のような記述は不要です。ジョブ定義の形式は、オープンシステムでは一般的なXML(Extensible Markup Language)形式を採用しているため理解しやすくなっています。ジョブは構成する最小の作業単位であるジョブステップごとにきめ細かく制御できます。バッチジョブは、JP1/AJS3から実行します。

強力なファイル機能

uCosminexus Batch Job Execution Serverでは、ジョブステップ間で使用する一時ファイルの作成と自動削除や、ファイルの世代管理機能などをジョブ定義ファイルに記述するだけで使用できます。
さらに、ファイルの排他制御機能では、ジョブで使用するファイルの使用権をジョブ開始前にすべて確保するため、他ジョブとのファイル競合による異常終了を未然に防止できます。ファイルの使用権は他ジョブとの共用利用と自ジョブだけの占有利用を選択できます。

ジョブログ機能でジョブ実行結果を確認

uCosminexus Batch Job Execution Serverは、ジョブの実行結果として、ジョブステップや業務プログラムの開始・終了および業務処理の経過状況を収集するジョブログ機能を提供します。ジョブログの内容は、JP1/AJS3との連携により、クライアントPCで表示でき、ジョブの実行結果の把握が容易になります。

ジョブ実行結果の一元管理

バッチ処理を高速化するジョブステップ並列実行機能

複数のジョブステップで構成されるジョブで、各ジョブステップを逐次実行する必要が無い独立したジョブステップの場合、並列に実行することができます。また、ジョブステップ間で一時ファイルを経由してデータ渡しをする場合、一時ファイルの代わりに名前付きパイプ(FIFO)を割り当てることでデータをメモリ渡しにでき処理時間を短縮することができます。なお、名前付きパイプによるデータ渡しはジョブ間でも使用可能です。

ジョブステップ並列実行機能

スプール機能で帳票データの一元管理と帳票システムとの連携

uCosminexus Batch Job Execution Serverは、ジョブの実行結果の帳票データを一元管理できる独自のスプール機能を提供します。また、帳票システムのPRINT DATA EXCHANGE for OpenやEURとの連携により、スプールに出力した帳票のプリンタサーバへの自動転送や印刷処理ができるため、帳票の運用が容易になります。
さらに、スプールジョブ保管機能を使用すれば、印刷済みデータも含めて、スプールに出力された帳票データを保管することができます。

複数システムの実行ログを閲覧できるログビューア機能

uCosminexus Batch Job Execution Serverでは、バッチジョブの実行履歴を統括的に参照するためのシステム管理者向けのログ情報を実行ログとして出力しています。
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューアを使用することで、複数のバッチジョブ実行環境で個々のuCosminexus Batch Job Execution Serverが出力した実行ログとシステムが採取しているログを、一箇所に収集・閲覧できます。

メインフレームをオープン化するときのJCLや運用の移行に活用

uCosminexus Batch Job Execution Serverのジョブ定義ファイルは、一般的な大型メインフレームのJCLの考え方を取り入れています。このため、メインフレームのJCL移行に適しています。
また、JP1やCOBOL2002、帳票システムのPRINT DATA EXCHANGE for Openなどと連携して、メインフレームと同様の運用をすることができます。

関連するミドルウェアについてお知りになりたい方へ

SORT Version8 - Extended Editionにつきましては、SORT Version8 - Extended Editionのサイトをご覧ください。

PRINT DATA EXCHANGE for Openにつきましては、PRINT DATA EXCHANGE オープンタイプのサイトをご覧ください。

動作環境

※ 対応しているOSの詳細、OSによるサポート機能の範囲については、弊社営業までお問い合わせください。

Windows版

Windows Server
製品名 Windows Server 2016 Windows Server 2012 Windows Server 2008
uCosminexus Batch Job Execution Server
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Manager
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Agent
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Viewer
Windows
製品名 Windows 10 Windows 8.1 Windows 7
uCosminexus Batch Job Execution Server
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Manager
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Agent
uCosminexus Batch Job Execution Server
ログビューア - Viewer

●:対応(対応予定を含む)、−:未対応

Linux/UNIX版

Linux/UNIX版
製品名 Red Hat Enterprise Linux AIX HP-UX (IPF版) Solaris (SPARC版)
x64版 x86版 IPF版
uCosminexus Batch Job Execution Server
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Manager
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Agent

●:対応(対応予定を含む)、−:未対応

価格

※ 記載している価格は、2014年9月現在のものです。

Windows版

Windows版
製品名 税抜
uCosminexus Batch Job Execution Server 900,000円〜
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Manager 125,000円〜
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Agent 50,000円〜
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Viewer 50,000円〜

Linux/UNIX版

Linux/UNIX版
製品名 税抜
uCosminexus Batch Job Execution Server 1,800,000円〜
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Manager 250,000円〜
uCosminexus Batch Job Execution Server ログビューア - Agent 100,000円〜

Cosminexusに関するお問い合わせや資料請求はこちらからどうぞ。

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。