ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

クラウドサービスプラットフォーム Cosminexus:
uCosminexus Application Server:特集「仮想化のポイント」

物理環境と仮想環境

仮想化とは、ハイパーバイザという仮想化を実現する機能により、コンピュータシステムの構成要素の一つであるハードウェアを、仮想的に分割したり統合して、その上でソフトウェアを動かすことを可能にする技術のことです。

物理環境と仮想環境の違いは、以下のとおりです。物理環境では、1つのハードウェアに1つのOSしか搭載できませんが、仮想環境では、1つのサーバに複数のOSを搭載できます。

物理環境と仮想環境の概要図
物理環境と仮想環境の概要図

次に、仮想化のメリットについて、述べていきます。

仮想化のメリット

仮想化のメリットは3つあります。

メリット1:システムを簡単に拡張することができます。

従来は、システムを拡張する場合、物理サーバの手配やセットアップなど、物理環境の分だけ工数がかかっていましたが、仮想化すると、仮想環境のコピーなどを行うことで簡単にできるようになります。

メリット1:システムを簡単に拡張することができます。

メリット2:サーバの集約によりシステムコストを削減できます。

従来は、サーバによっては未使用のリソースが多いものが存在したりしますが、仮想化により、複数のハードウェアを1つのハードウェアに集約することで、CPUなどのリソースを無駄なく利用可能になり、システムコストを削減できます。

メリット2:サーバの集約によりシステムコストを削減できます。

メリット3:サーバ統合により省エネルギーを推進できます。

仮想化により、複数のサーバを1つのサーバに集約することで、サーバ台数を削減し、冷却設備の負荷低減などによる省エネルギーを推進できます。

メリット3:サーバ統合により省エネルギーを推進できます。

仮想化のポイント

一般的に、仮想化を導入した場合、サーバ集約により(1)システムの構築の簡略化、(2)システムコストの削減、(3)省エネルギーの推進などのメリットを享受できます。
しかし、実は、見落としがちなアプリケーションの観点から気をつけるべきポイントがあります。以下に解説しますので、是非、参考にしてよりスピードアップした仮想化を実現してみませんか。

連載第1弾「構築編」

「えっ! 仮想化したのに構築時間を短縮できないの?」

連載第2弾「運用編」

「えっ! 仮想化ソフトってアプリケーションの運用管理までしてくれないの?」

資料請求・お見積もり・仕様などのお問い合わせ

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせを電話またはWebフォームでお受けしております。
個人情報保護ポリシー (新規ウィンドウを開く)の内容にご同意の上ご連絡ください。