ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

Q1. コード体系はどのようになっていますか?

コード体系、外字領域の対応および外字文字数は次のようになっています。

コード体系
コード体系 外字領域の対応 外字文字数
SJIS HP-SJIS 3,384文字
Windows SJIS 1,880文字
KEIS 9,024文字
または
18,240文字
KEIS2004 24,672文字
または
20,912文字
Unicode (UCS-2,UCS-4) UCS-2:6,400文字
UCS-4:203,005文字
EUC EUC-HJ 8,836文字
EUCコードセット3 8,836文字
HP-EUC 9,776文字
IBMコード 4,370文字
JIS漢字コード 9,776文字
JEFコード 27,265文字

凡例 ○:対応 −:未対応

Q2. JIS漢字コードは変換できますか?

Unicode、およびUTFとの相互変換のみに対応しています。

Q3. JIS X 0208:1990で追加された文字は変換することができますか?

IBMコードおよびJEFコードを除くコード体系間では、JISの1990年版で追加されたコードを変換することができます。ただし、システムによっては図形フォントが表示されない場合がありますのでご注意ください。

Q4. JIS X 0212:1990で制定された補助漢字への対応はどうなっていますか?

JIS X 0212:1990で制定されている補助漢字には対応していません。EUCではコードセット3領域に補助漢字が割り当てられているシステムもありますが、この場合は外字として対応してください。

Q5. JIS X 0213で制定されたJIS第3、第4水準文字に対応していますか?

KEIS2004⇔Unicodeで対応しています。
また、一部の変換種別では、JIS第3,第4水準文字をユーザマッピングできます。

Q6. サポートしているUnicodeの文字セットとエンコーディングについて教えてください。

サポートしているUnicodeの文字セットはUCS-2/UCS-4です。また、サポートしているUnicodeのエンコーディングは、UTF-8/UTF-16/UTF-32です。文字セット、およびエンコーディングのエンディアンは、オプションで切り替えることが可能です。

Q7. KEIS78コードを使うことはできますか?

KEIS78コードもサポートしています。標準ではKEIS83となりますが、KEIS78のオプションを指定することで、KEIS78コードにも対応できます。

Q8. コードの対応表を参照することはできますか?

「日立コード変換 - コード表ユティリティ」をご利用いただくことで、コードの対応表を参照できます。 「日立コード変換 - コード表ユティリティ」につきましては構成/機能:ユティリティをご覧ください。

Q9. JEFコードでJIS X 0208の文字コードを使うことができますか?

JEFコードはJIS C 6226: 1978の文字コードのみ対応していますが、コードマッピングユティリティで対象の文字コードをユーザマッピングすることで使用できるようになります。