ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

MQプロトコルによるシステム連携

uCosminexus Service Adapter for Message Queue は、サービスプラットフォームでメッセージキューから電文を読み込んだり、メッセージキューへ電文を書き込んだりするサービスアダプタです。

バイナリ形式でメッセージキューシステムとの電文の読み書きを行う場合ビジネスプロセスからアダプタに対して電文送受信時に文字コードの変換を行います。

MQプロトコルによるシステム連携

OpenTP1、XMAP3と連携した帳票システム

OpenTP1、XMAP3との連携により、メインフレーム画面をGUI化し、メインフレーム上のデータの照会/更新や、帳票印刷を行うシステムの例です。

メインフレーム上のデータを、KEISコードのままクライアントPCへ転送し、クライアントPC側でKEISコード<=>Unicodeの変換を行います。

XMAP3による画面表示や帳票印刷では、KanjiLink XKP(XKP)との連携によりUnicodeで表示、印刷を処理します。また、Unicodeでの入力には、VJE-Delta(VJE)を使用します。

OpenTP1、XMAP3と連携した帳票システム図

COBOLと連携したシステム

UNIXシステムのデータをPC(Windows)から参照や更新などをするシステム例です。

COBOLとの連携により異なる環境のデータを、ユーザアプリケーションプログラム(UAP(COBOL言語))にて取り扱うことが可能です。

COBOLと連携したシステム図