ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:製品ラインアップ

概要

COBOL2002は、次の製品区分から構成されています。

製品区分 Windows Linux UNIX 内容
開発環境製品
(Developer)
× × COBOLアプリケーションの開発からテスト実行環境を提供しています
運用環境製品
(Runtime)
開発したCOBOLアプリケーションを運用できる環境を提供しています
開発・運用環境製品
(Suite)
開発から運用まで一貫してできる環境を提供しています

COBOL2002構成図

製品ラインアップ

COBOL2002では、ご使用になるプラットフォーム(OS)に対応した製品を提供しています。 Windows COBOL2002製品はサーバ環境とクライアント環境に区別する製品体系となっております。

製品一覧

製品区分と製品名、適用OSの関係を次に示します。

製品区分 製品名*1 適用OS 64ビット版 32ビット版
開発環境製品
(Developer)
COBOL2002 Developer Professional WindowsクライアントOS
WindowsサーバOS *3
COBOL2002 Net Developer
運用環境製品
(Runtime)
COBOL2002 Net Client Runtime WindowsクライアントOS -
COBOL2002 Net Server Runtime*2 WindowsサーバOS *3
Red Hat Enterprise Linux -*4
AIX
HP-UX(IPF)
開発・運用環境製品
(Suite)
COBOL2002 Net Client Suite WindowsクライアントOS -
COBOL2002 Net Server Suite*2 WindowsサーバOS*3
Red Hat Enterprise Linux -*4
AIX
HP-UX(IPF)
*1
64ビット版に対応した製品は、製品名の末尾に「(64)」が付いた名称となります。
*2
搭載CPUのコア数と種類に応じて追加CPUライセンス製品のご購入が必要になります。詳細は こちら NewWin を参照して下さい。
*3
COBOL2002を、Windowsのリモートデスクトップサービス機能などを使用して接続元PCから利用する場合、使用目的に合わせて接続元PCにも接続先PCと同じ動作モードのCOBOL2002製品のライセンスが必要です。
*4
32ビット版をご希望の場合はV3製品をご利用ください。

32ビット版と64ビット版について

COBOL2002では、32ビットのCOBOLアプリケーションの開発や運用を行うための32ビット版と、64ビットのCOBOLアプリケーションの開発や運用を行うための64ビット版の製品があります。
64ビットのCOBOLアプリケーションでは、32ビットの場合に比べて広大なメモリ空間を利用できるなどのメリットがあります。
さらに、64ビット版のCOBOL2002では数字項目のけた拡張機能をサポートしています。
DBへのアクセスなど、従来の18けたでは扱うことのできなかった大きな数字データを扱うことができるようになります。

また、32ビット版または64ビット版で開発したCOBOLアプリケーションは、対応する32ビット版または64ビット版の運用環境でのみ実行できます。
開発環境と運用環境は同じビット版の製品をご利用ください。

開発環境製品(Developer)

COBOLアプリケーションを開発するための製品です。
デバッグやテストのために、開発中のCOBOLアプリケーションの実行はできますが、運用には使用できません。開発したCOBOLアプリケーションを運用するには、運用環境製品または開発・運用環境製品が必要です。
開発環境製品がインストールされている環境に運用環境製品をインストールすることはできません。

COBOL2002 Developer Professional

クライアント環境向けおよびサーバ環境向けの高機能開発環境製品です。
プログラムの開発・保守を支援する機能を備えた開発環境を提供します。
COBOL2002 Net Developerの機能を含んでいますので、COBOL2002 Developer ProfessionalのみでCOBOLアプリケーションを開発することができます。

COBOL2002 Net Developer

クライアント環境向けおよびサーバ環境向けの開発環境製品です。
COBOL2002規格対応のコンパイラやテストデバッガ、COBOLエディタなどを備えた開発環境を提供します。

運用環境製品(Runtime)

開発したCOBOLアプリケーションを運用する製品です。
開発環境製品や開発・運用環境製品で開発したCOBOLアプリケーションの運用ができます。
開発環境製品がインストールされている環境に運用環境製品をインストールすることはできません。

COBOL2002 Net Server Runtime

サーバ環境向けの運用環境製品です。
サーバ環境向けCOBOLアプリケーションの運用ができます。

COBOL2002 Net Client Runtime

クライアント環境向けの運用環境製品です。
クライアント環境向けCOBOLアプリケーションの運用ができます。
Windows COBOL2002(32ビット版)のみの提供です。

開発・運用環境製品(Suite)

開発環境製品(*1)と運用環境製品の機能を統合した製品(*2)です。
COBOLアプリケーションの開発から運用までが、一貫してできます。

*1
COBOL2002 Net Developer相当の機能を提供します。COBOL2002 Developer Professionalの機能は含みません。
*2
開発環境製品と運用環境製品のセット製品ではありません。

COBOL2002 Net Server Suite

サーバ環境向けの開発・運用環境製品です。

COBOL2002 Net Client Suite

クライアント環境向けの開発・運用環境製品です。
Windows COBOL2002(32ビット版)のみの提供です。

文字コードに対応した機能・サポートサービス

Linux COBOL2002では、適用OSのRed Hat Enterprise Linuxで使用する文字コード環境に応じた機能やサポートサービスを提供しています。詳細は下記ページをご参照ください。