ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

Windows版

COBOL2002:価格

Windows版COBOL2002製品の価格を次に示します。価格やライセンスの詳細については、弊社担当営業にお問い合わせください。

この価格は2014年6月現在のものです。

Windows版COBOL2002(64ビットモード)

Windows版COBOL2002(64ビットモード)
製品名 製品概要 標準価格(税別)*1
COBOL2002 Developer Professional(64) COBOLシステムの開発・保守を支援する機能を持つ高機能開発環境製品、オンラインマニュアル付
既にCOBOL2002 Net Developer製品を購入済みの場合は、「COBOL2002 Professional Option for Developer」をご購入ください。
600,000円
COBOL2002 Professional Option for Developer(64) 既にCOBOL2002 Net Developerがインストールされているマシン環境へ、開発・保守を支援するツール群を追加インストールする製品です。 300,000円
COBOL2002 Net Developer(64) サーバおよびクライアント向け開発環境製品、オンラインマニュアル付 400,000円
COBOL2002 Net Server Suite(64) サーバ向け開発・運用環境製品、オンラインマニュアル付 905,000円
COBOL2002 Net Server Runtime(64) サーバ向け運用環境製品、オンラインマニュアル付 525,000円
COBOL2002 Net Server Suite(64)追加CPUライセンス ライセンスだけの製品(サーバ製品を購入する場合に、搭載CPUのコア数と種類に応じて購入が必要なライセンスです。詳細はこちらNewWinを参照してください。) 420,000円
COBOL2002 Net Server Runtime (64) 追加CPUライセンス
*1
標準価格はCD-ROM媒体出荷のフルパッケージの価格を示しています。
*
Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、およびWindows Server 2008 x64のWTS(Windows Terminal Service)機能などを利用してリモートクライアントからCOBOLアプリケーションを開発・運用する場合もライセンスが必要です。

Windows版COBOL2002(32ビットモード)

Windows版COBOL2002(32ビットモード)
製品名 製品概要 標準価格(税別)*1
COBOL2002 Developer Professional COBOLシステムの開発・保守を支援する機能を持つ高機能開発環境製品(※)、オンラインマニュアル付
※既にCOBOL2002 Net Developer製品を購入済みの場合は、「COBOL2002 Professional Option for Developer」をご購入ください。
600,000円
COBOL2002 Professional Option for Developer 既にCOBOL2002 Net Developerがインストールされているマシン環境へ、開発・保守を支援するツール群を追加インストールする製品です。 300,000円
COBOL2002 Net Developer サーバおよびクライアント向け開発環境製品、オンラインマニュアル付 400,000円
COBOL2002 Net Server Suite サーバ向け開発・運用環境製品、オンラインマニュアル付 730,000円
COBOL2002 Net Server Runtime サーバ向け運用環境製品、オンラインマニュアル付 350,000円
COBOL2002 Net Client Suite クライアント向け開発・運用環境製品、オンラインマニュアル付 420,000円
COBOL2002 Net Client Runtime クライアント向け運用環境製品、オンラインマニュアル付 40,000円
COBOL2002 Net Server Suite 追加CPUライセンス ライセンスだけの製品(サーバ製品を購入する場合に、搭載CPUのコア数と種類に応じて購入が必要なライセンスです。詳細はこちらNewWinを参照してください。) 280,000円
COBOL2002 Net Server Runtime 追加CPUライセンス
*1
標準価格はCD-ROM媒体出荷のフルパッケージの価格を示しています。
*
Windows Server 2012、およびWindows Server 2008のWTS(Windows Terminal Service)機能などを利用してリモートクライアントからCOBOLアプリケーションを開発・運用する場合もライセンスが必要です。