ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

UNIX版

COBOL2002:製品機能

開発保守を支援する機能

コンパイラ

第4次COBOL国際規格の機能に対応した高機能・高性能のコンパイラです。
Webテクノロジーとの連携など、先進的な機能にも対応しています。

Webシステム連携機能

COBOL2002では、Webシステムのための連携機能として、Java連携機能とXML連携機能を提供しています。 Webシステム連携機能のサポート状況は、以下をご参照ください。

COBOL国際規格対応

COBOL2002は、開発者に有益なCOBOL国際規格に対応した機能をサポートしています。ここでは、COBOL2002でサポートしているCOBOL国際規格の主な機能をご紹介いたします。
第5次COBOL国際規格に対応した機能は、AIX版COBOL2002でサポートしています。

第5次COBOL国際規格(COBOL2014規格)

第5次COBOL国際規格は,2014年に制定された規格です。

TRIM組み込み関数

TRIM関数は、引数の中の先行する空白や後続する空白を削除した文字列を返します。
TRIM関数の記述例を次に示します。

イメージ図

動的長基本項目

動的長基本項目(dynamic-length elementary item)は、長さが動的に変わる基本データ項目です。
DYNAMIC LENGTH句を使用して動的長基本項目を定義します。

動的長基本項目の記述例を次に示します

イメージ図

数字けた拡張機能は、AIX版COBOL2002(64ビットモード)およびHP-UX(IPF)版COBOL2002(64ビットモード)でサポートしています。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。