ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアミドルウェア

COBOL2002:日立のCOBOLマイグレーションについて

日立は、今後もCOBOLに対して高いレベルのニーズが続くと考えています。
COBOLはシステム開発に現在でもよく選択される言語であると同時に、社会では膨大な量のCOBOLプログラムが稼働しています。日立では、COBOLによる新規開発および現行システムの変更・更新、プラットフォーム移行などのマイグレーションまで、システムで使用されるミドルウェア群と合わせてサポートしていきます。さらに、Javaをはじめとする他言語のシステムとCOBOLのシステムとの連携手法や、現行のCOBOLシステムをJavaで書き直して運用するサービスまで、さまざまな形でお客様のニーズにお応えしていきます。

COBOLの利用状況

COBOLは現在も、多くの商用基幹アプリケーションで使用されています。

新規および改良開発に用いた言語(国内)

COBOL言語の使用率(新規および保守)

出典:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア開発データ白書2014-2015
Copyright 2014 IPA

新規および改良開発に用いた言語と開発規模(国内)

COBOL言語の使用率(新規および保守)

出典:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア開発データ白書2014-2015
Copyright 2014 IPA

保守で使用している言語(国内)             回答プロジェクト数:528件

COBOL言語の使用率(新規および保守)

出典:経済産業省 情報処理振興課/日本情報システム・ユーザ協会(JUAS)
ユーザ企業 ソフトウェアメトリックス調査2014

マイグレーション関連リンク

マイグレーションに関する情報は以下を参照ください。