ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

導入事例

敬称略・五十音順

株式会社損害保険ジャパン

株式会社損害保険ジャパン

国内金融機関最大規模のVDI環境を構築
損保ジャパンが「実績と信頼」を評価した日立のノウハウとは?

国内有数の損害保険会社である株式会社損害保険ジャパンは、本社・営業店の約1万5000ユーザーが利用する大規模なVDI環境を構築した。
導入に際しパートナーとして選定したのは日立製作所。自社導入・運用事例を始めとする豊富な導入実績を評価してのことだという。

株式会社 日立製作所

株式会社 日立製作所

国内最大規模の約80,000ユーザーに拡大した、日立グループのデスクトップ仮想化

株式会社 日立製作所は、セキュリティPC(シンクライアント)の自社導入プロジェクトを2004年に立ち上げ、いち早くデスクトップ仮想化によるセキュリティ強化とワークスタイル改革を進めてきた。
「ブレードPC方式」、「ターミナルサービス方式」、「仮想PC方式」という3つの実行環境を使い分け、業務内容に応じた適材適所の導入を実現。2013年3月、日立グループのデスクトップ仮想化は、約80,000ユーザーという国内最大規模にまで拡大。
プロジェクトで得た多くのノウハウは、2005年に販売を開始した「セキュアクライアントソリューション」や関連製品の開発にフィードバックされ、より進化したデスクトップ仮想化システムを日立がユーザーに届ける推進力になっている。