ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェア

HAモニタは、情報システムの信頼性を高めるクラスタソフトウェア製品です。クラスタソフトウェア製品に求められているノンストップサービスの提供、そして幅広いシステム構成に対応できる柔軟性を実現するため、HAモニタは次の機能を備えています。

ノンストップサービスの実現

情報システムにはさまざまな機器やソフトウェアが使用されており、障害が発生する個所も多岐にわたります。
HAモニタは、情報システムやアプリケーションを監視し、障害が発生した場合は瞬時に系切り替えをします。システムのダウンタイムが最短になり、障害が発生してもサービスを継続できます。

系切り替えの高速化を実現するために、HAモニタが用意している機能をご紹介します。

使用できる機能はOSによって異なります。詳細は動作環境ページをご覧ください。

柔軟なシステム構成

業務に応じて、またビジネスの動向に合わせて、システム構成は多種多様に変化していきます。HAモニタでは、業務に応じたシステム構成でHAモニタをお使いいただけるよう、構成パターンを充実させています。
また、ハードウェアの資源を有効活用するなどの目的で、領域を論理分割したシステムにもHAモニタは対応しています。HAモニタを使用すると、分割した区画単位でシステム監視や系切り替えを実現できます。

HAモニタで使用できるシステム構成をご紹介します。

HAモニタのオプション製品

HAモニタは次のオプション製品を用意しています。

HAモニタ Extension

大規模なシステムにおけるクラスタ構成を可能とするための製品です。
次の特徴があります。

  • クラスタを構成する系の数を33以上に拡張
  • 監視対象とするアプリケーションの数を129以上に拡張

HAモニタ kit for Oracle

HAモニタを使用した系切り替えシステムで、Oracleを容易に監視できるようにするための製品です。
次の特徴があります。

Oracleのクラスタ化に関する知識がなくても簡単に設定できる。
調査・検討コストを低減。
Oracle監視用のシェルプログラムを製品が提供する。
シェルプログラム作成コストの低減、不具合の作りこみリスクを低減。

HAモニタ kit for Oracle導入時、未導入時図