Hitachi

Linux Information:

インストールメディア
Red Hat Enterprise Linux Server 6.9 (64-bit x86_64)
Red Hat Enterprise Linux Server 6.9 (32-bit x86)

インストールメディア Red Hat Enterprise Linux Server 6.9 (64-bit x86_64)およびRed Hat Enterprise Linux Server 6.9 (32-bit x86)に対応する対象ハードウェアおよびパッケージ(rpm)リストは以下のとおりです。

対象ハードウェア

サポートサービス付属のインストールメディアが対象とするハードウェアモデルは以下のとおりです。 *1

[BS2500 サーバブレード]

  • BS2500 高性能サーバブレード (A3、E3、A2、E2、A1、E1) *2 *3
  • BS2500 標準サーバブレード (A2、A1) *2 *3

[BS500 サーバブレード]

  • BS500 サーバブレード (インテル®Xeon®プロセッサ搭載モデル BS520X B2 *3、BS520X B1 *3、BS520H B3 *3、BS520H B4 *3)

[HA8000 シリーズ] *4

*1
インストール代行サービスのサポート状況は、弊社営業にお問い合わせください。
*2
kdump機能でメモリダンプ取得に失敗する場合があります。
メモリダンプをより確実に取得するため、日立が提供する下記機能の導入を推奨します。
  • Linux環境強化サポートオプションのダンプ取得機能強化サポートオプション提供ツールLinux Tough Dump
  • ハードウェアメモリダンプ機能
*3
64-bit x86_64アーキテクチャのみサポートします。
*4
サポートサービス for Red Hat Enterprise Linux Server 6/Advanced EditionはxMモデル以降の2ソケット以上のハードウェアをサポートします。

パッケージ(rpm)リスト

Hitachi Server NavigatorからセットアップCDを読み込んでEasy Installationを選択した場合、対象ハードウェアには以下のソフトウェアパッケージがインストールされます。

Hitachi Server NavigatorではRed Hat Enterprise Linux Server 6.9 (32-bit x86)をインストールすることはできません。
セキュリティアップデートCDを適用した場合、以下のソフトウェアパッケージが更新および追加インストールされます。