ページの本文へ

Hitachi

ソフトウェアプラットフォームソフトウェア

動作確認情報では、対象ディストリビューションのインストールテスト、X Window Systemの表示テストのほか、各デバイスの動作確認として以下の項目をテストしました。

インストールテスト

標準的な構成でインストールが正常に終了することを確認する。

表示テスト

X Window Systemが表示できることを確認する。

ハードディスクテスト

ディスク全体をreadし、エラーが発生しないことを確認する。
約200MBのデータのコピー及び比較を15分間繰り返し、エラーが発生しないことを確認する。
DMAが有効になっていない場合、有効にして上記を再実行する。

CD-ROMテスト

CD-ROMからHDへの約600MBのデータのコピー及び比較を15分間繰り返し、エラーが発生しないことを確認する。
DMAが有効になっていない場合、有効にして上記を再実行する。

LANテスト

pingテスト

テスト対象装置に対し、1秒おきのpingと高速ping(-fオプション付き)を15分間繰り返し、エラーが発生せず、パケットロスが0%であることを確認する

ftp/NFSテスト

テスト対象装置に対して約200MBのデータを送受信して比較するテストを15分間繰り返し、エラーが発生しないことを確認する。

テープデバイステスト

下記テストを行い、エラーが発生しないことを確認する。

  • ハードウェア圧縮あり/なし変更
  • 約200MBのデータを書き込み・比較
  • 約200MBのデータを追記書き込み・比較
  • 約200MBのデータを(tarで)追記書き込み・比較

テープチェンジャの場合は、全スロットのテープに対し、load/unloadと上記テストがエラー無く終了することを確認する。