ページの本文へ

Hitachi

技術計算向けサーバ

2017年2月13日
株式会社 日立製作所

日立スーパーテクニカルサーバのディープラーニング専用モデル
「SR24000/DL1」のソフトウェアサポートを拡充

最新のIBM PowerAIに対応し、TensorFlow、Chainer、NVIDIA DIGITSなどを新たにサポート

[画像]ディープラーニングシステム「SR24000/DL1」
ディープラーニングシステム「SR24000/DL1」

  株式会社 日立製作所(以下、日立)は、このたび、ディープラーニング(深層学習)の研究・利用用途に特化したスーパーテクニカルサーバ「SR24000」の専用モデルであるディープラーニングシステム「SR24000/DL1」において、最新のIBM Power AI*1に対応し、新たにTensorFlow、Chainer、NVIDIA DIGITSなどのディープラーニング開発フレームワークをサポートしました。

*1
POWERプラットフォーム向けディープラーニング開発ツールキット。

  「SR24000/DL1」 は、ディープラーニングやAI(人工知能)、ハイパフォーマンスデータ分析など、計算負荷の高いワークロード向けに設計された高速Linuxサーバで、NVIDIA Tesla P100 GPU*2とIBM POWER8プロセッサーを搭載しています。また、高速インターコネクト技術であるNVIDIA NVLink*3でGPUとプロセッサー間、およびGPU間を密接続し、接続帯域幅を向上させることで、ディープラーニングに求められる大量の学習データの高速データ転送と高速演算に力を発揮します。また、NVIDIA Docker*4にも対応しているため、Dockerコンテナの利用によりGPUで高速化されたソフトウェア環境を、コンテナ単位で簡単に隔離し、導入することも可能です。

*2
Graphics Processing Unit(グラフィックス処理ユニット)
*3
プロセッサーとGPU 間およびGPU間における超高速通信を可能とするエネルギー効率の高いインターコネクト。
*4
GPU対応したコンテナ型の仮想化管理ソフトウェア。

  従来、「SR24000/DL1」では、ディープラーニングの開発フレームワークとして著名なCaffe、TorchやTheanoなどをサポートしてきましたが、今回、最新のIBM Power AIに対応することで、OSS開発フレームワークとして人気の高いTensorFlowやChainerのほか、GUIベースで直感的に分かりやすい操作環境を提供するNVIDIA DIGITSも利用できるようになりました。これにより、お客様は利用目的に合わせて、多様な選択肢の中から最適な開発フレームワークを選択できるようになります。また、GUIベースの開発環境の利用により、開発の利便性が飛躍的に向上しました。

  日立は、今後も、「SR24000シリーズ」をはじめとするスーパーテクニカルサーバおよびディープラーニングシステムを、国内外のパートナーとともに開発・提供し、お客さまの先端研究、業務を支えるシステムの導入を積極的に行っていきます。

「SR24000/DL1」の概要

  「SR24000/DL1」 は、GPUの最新アーキテクチャPascalを採用する新世代GPUであるNVIDIA Tesla P100を搭載し、プロセッサーには次世代バス規格NVIDIA NVLinkをシリコンレベルで組み込んだIBM POWER8プロセッサーを採用しています。GPUとプロセッサーがNVLinkで直結する他にはない特長を有しており、GPUコンピューティングの利用範囲をあらゆる分野・業界に提供できる可能性を秘めています。

「SR24000/DL1」の概要
モデル名 プロセッサー
(周波数)
ノードあたり
プロセッサー数
(コア数)
ノードあたり
メモリ容量
GPU
SR24000/DL1 POWER8
(2.86GHz – 3.49GHz)*5
2個
(合計20コア)
256GB
または512GB
Tesla P100
4個または2個
*5
定格値の周波数とターボモードでの周波数。

最新のPowerAIに対応した「SR24000/DL1」の価格および出荷時期

最新のPowerAIに対応した「SR24000/DL1」の価格および出荷時期
モデル名 価格 出荷時期
SR24000/DL1 個別見積 2月13日

他社商標注記

  • POWER8は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。
  • NVIDIA、NVIDIA NVLink、Pascal、Teslaは、NVIDIA Corporationの商標または登録商標です。
  • TensorFlowは、Google Inc.の商標です。
  • その他、記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部