ページの本文へ

Hitachi

技術計算向けサーバ

ディープラーニングは、脳の神経回路のメカニズムを取り入れた機械学習の一種です。従来の手法と比較して中間層を増やすことで、複雑なモデルが表現可能となり、近年、音声認識、画像認識などの分野で高い認識率を実現しています。また、コンピュータに入力した学習用のデータに対して、コンピュータが自ら特徴を学習することで、未知のパターンに対しても判断ができます。この手法を応用することで、画像や動画に対する説明文の自動生成や、精度の高い自動翻訳、金融市場・天候・プロスポーツなどのさまざまな分野における予測への利用が広がっています。