ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

[イメージ]大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューション

大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューションは、大学の利用実態にあったオンデマンドな仮想クライアント利用環境を、大学向けにアメリカで開発されたオープンソースソフトウェア「VCL」の導入で実現します。これにより、大学のPC環境におけるさまざまな課題を解決できます。

  • * VCL: Virtual Computing Lab.(バーチャル・コンピューティング・ラボ)。米国で大学向けに開発されたアプリケーション提供システム。

PC環境において大学が抱える課題

空き教室や空きPCがあっても有効活用できていない

[イメージ]空き教室や空きPCがあっても有効活用できていない

ある特定のソフトウェアを動かすためPCのスペックを上げる必要がある

[イメージ]ある特定のソフトウェアを動かすためPCのスペックを上げる必要がある

追加ソフトウェアなどがあったすべてのPCを更新しなければならない

[イメージ]追加ソフトウェア等があったすべてのPCを更新しなければならない

大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューションで課題解決

[イメージ]大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューションで課題解決

導入事例:九州大学

[写真]九州大学

今日本の大学では、授業や演習に適したPC環境をオンデマンドかつ適切なコストで提供することが重要な課題となっています。そこで国立大学法人 九州大学 大学院システム情報科学府は、日立の「大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューション」を活用し、教室や研究室、自宅などから高度な演習用ITリソースを効率的に利用できる仮想デスクトップ環境を構築。演習環境の利便性と処理能力を大幅に向上させる一方、教員やシステム管理者の運用負担も軽減することに成功しました。
キーワード:VCL、仮想デスクトップ、プライベートクラウド
(2011年10月17日 公開)
九州大学の事例はこちら

大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

導入事例

[写真]九州大学

九州大学
九州大学大学院が授業・演習環境に「大学向けクラウド型仮想デスクトップソリューション」を導入

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。