ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

教職員と学生でそれぞれが利用する機能に合わせて、トップ画面のレイアウト構成を作成できます。また、管理業務など用途別に複数のトップ画面を作成でき、タブで表示を切り替えることができます。

[画面]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」画面イメージ [リンク]新着情報表示 [リンク]お知らせ機能 [リンク]時間割機能 [リンク]コンシェルジュ機能 [リンク]管理機能 [リンク]お知らせ機能
 全学ユーザーを対象とした一斉情報配信に対応 [リンク]新着情報表示
 未読情報の件数をわかりやすく表示 [リンク]コンシェルジュ機能
 ユーザーが必要とする情報へスムーズにナビゲート [リンク]管理機能
 ポータル運用のための情報管理機能が充実
大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」画面イメージ
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

新着情報表示

[イメージ]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」新着情報表示機能

未読情報の件数をわかりやすく表示
お知らせや個人伝言などの未読件数が表示されるため、ひと目で未読情報があることがわかります。過去の情報は未読件数に含めない設定も可能です。

コンシェルジュ機能

ユーザーが必要とする情報へスムーズにナビゲート
ユーザーが必要とする情報や利用したいサービスを、キーワード検索、もしくは、カテゴリ分類で探し出すことができます。キーワード検索を実行すると該当するサービスの一覧画面へ遷移。表示されたリンクをクリックするだけでサービスの利用や申請書のダウンロードなどが可能です。

[イメージ]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」コンシェルジュ機能

お知らせ機能

全学ユーザーを対象とした一斉情報配信に対応
学生・教員・職員などすべての学内ユーザーを対象とした重要情報の一斉配信や、配信先を1通ずつ個別に指定するお知らせも可能。未読・既読の管理や返信機能などにより、学生へのきめ細やかな対応が可能で、メール転送にも対応します。

[イメージ]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」お知らせ機能

時間割機能

Webサービス連携で最新の時間割を表示可能
教務システムとWebサービス連携をして時間割の情報を表示すると、教務システムで休講・補講・時間割変更が登録されたタイミングで情報が取得できるので、いつでも最新の時間割を表示することができます。弊社パッケージの大学向け学務情報システム「UNIPROVE/AS」は大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」とのWebサービス連携に標準で対応しています。

[イメージ]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」時間割機能

管理機能

ポータル運用のための情報管理機能が充実
権限情報や学内リンク、学年暦など、ポータルを運用する上で必要な情報を管理する機能も充実。管理機能はシステムを停止させずに画面上から簡単に操作できます。

スマートフォンからのアクセスにも対応

[イメージ]大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」のスマートフォン画面イメージ

必要なときに、スマートフォンでその日の時間割情報やお知らせを確認可能。学外にいても大切な情報をチェックできます。
  • * 画面はイメージです。

大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」

  • 教職員と学生でそれぞれが利用する機能に合わせて、トップ画面のレイアウト構成を作成できます:機能のページ

大学向けポータルシステム「UNIPROVE/PT」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ 製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求 お申込み完了後、カタログ/資料を郵送させていただきます。

カタログダウンロード カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。