ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

利用者サービスと業務の効率化、双方の視点から配慮したシステム構成。

OPACシステムと業務システム、NACSIS-CAT/ILLの連携を密接にすることで、OPACシステムから各システムへのダイレクトな操作が実現します。利用者は発注依頼やILL依頼などをOPACシステム上で行うことで簡単・スピーディーな処理を実現します。

[イメージ]「UNIPROVE/LS」システム構成

機能一覧

OPACシステム

ローカル目録データベースとNACSIS-CAT間の横断検索が行えるうえ、優れた検索レスポンスを実現。海外からのアクセスを考慮して英語モードの画面表示も可能です。また、スマートフォンOPACシステム(*)でスマートフォンから蔵書検索や予約、貸出・予約状況・ILL依頼状況・発注申し込み状況の確認ができます。

  • *オプション

蔵書管理システム

NACSIS-CATとローカル目録との間をシームレスに横断検索/ダウンロード/アップロードできます。

資料管理システム

OPACシステムと連携することで、図書の選書・発注の効率化を図ります。また、さまざまな契約形態に対応した雑誌関連業務や支払業務などをトータルに支援します。

閲覧管理システム

貸出条件やカレンダの設定など各図書館の運用に合わせて柔軟に対応します。また、自動貸出返却装置を利用したサービスにも対応。きめ細かな利用者情報の管理も行えます。

ILLシステム

NACSIS-ILLと連携することで、国内外の図書館とのILL依頼・受付サービスをスムーズに行えます。

メッセージ管理システム

利用者へ伝えたいメッセージを登録し、OPACシステム画面に表示できます。また、図書業務システムの貸出・返却などの画面で、その利用者に対するメッセージを職員間で共有できます。

大学向けWeb型図書館システム「UNIPROVE/LS」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ 製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求 お申込み完了後、カタログ/資料を郵送させていただきます。

カタログダウンロード カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。