ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

データ連携をよりセキュアに、スムーズに。
ニーズに合わせて適切な運用パターンをお選びいただけます。

データの送信者と受信者の操作範囲をきめ細かく設定して、データ連携を実行できます。データの種類や担当者の部門に応じて柔軟な運用を実現し、より信頼性の高いデータ連携環境を実現します。

Case1:データ送信を行う側が中間ファイル作成までの権限がある場合

[イメージ]データ送信を行う側が中間ファイル作成までの権限がある場合

Case2:データ送信を行う側が取り込みフォーマット作成までの権限があり、受信側がデータの取り込みのみ行う場合

[イメージ]データ送信を行う側が取り込みフォーマット作成までの権限があり、受信側がデータの取り込みのみ行う場合

Case3:データ送信側・受信側が同一の管理者の場合

[イメージ]データ送信側・受信側が同一の管理者の場合

Case4:データ送信側の管理者が介在しない場合

[イメージ]データ送信側の管理者が介在しない場合

大学向けデータ連携ポリシー基盤「UNIPROVE/IM」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ 製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求 お申込み完了後、カタログ/資料を郵送させていただきます。

カタログダウンロード カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。