ページの本文へ

Hitachi

日立総合特許情報システム

導入事例:トヨタ自動車株式会社

トヨタのグローバル知財戦略をサポートする日立の特許情報提供サービス「Shareresearch」

蓄積された検索式を新環境へそのまま移行

日立の30年以上にわたる特許検索のシステム開発ノウハウを投入したShareresearchは、海外展開を行う企業からの国外公報の検索・閲覧ニーズに対応するため、世界95の国と地域の特許情報をカバー。国内外の特許を同一インターフェースでシームレスに検索できるほか、独自の取り組みで常に高精度・高信頼な情報を提供しているのが特長です。

「当社にとってはグローバルな知財戦略に欠かせない海外公報のデータソースをいかに正確に提供していただけるかが重要なポイントでした。その点、日立さんは各国の特許庁やプロバイダーから集めた情報を単純に提供するのではなく、内部できちんとデータを精査してから提供されている。これが調査業務を進めるうえで大きな安心感につながっています。また1つの国や地域の特許を調査するだけで、関連する国内外の情報がリスト形式やマップ形式で一覧できるパテントファミリ機能も便利です。精度の高い翻訳機能も備わっているため、ユーザーが、独自に翻訳したり外注する手間もなくなり、業務効率がアップしたと非常に喜ばれています」と稲井氏は語ります。

サービス導入にあたり、SI担当の株式会社ニッセイコムは、ユーザーが登録・保存していた膨大な検索式をShareresearchのデータフォーマットに変換し、新環境への移行と、ユーザーへの操作教育を全面的にサポートしました。また、日常発生する問い合わせについても日立と連携し、タイムリーに回答するなどユーザーへの快適な利用環境を提供しています。

[写真]トヨタ社内講師による操作法講習会の様子
トヨタ社内講師による操作法講習会の様子

特記事項

  • 2013年4月1日 掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社 日立製作所 公共システム営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。

日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

特許情報提供サービス「Shareresearch」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。