ページの本文へ

Hitachi

日立総合特許情報システム

導入事例:株式会社 ジャパンディスプレイ

3社統合による知財業務の標準化を実現した知的財産管理システム「PALNET/MC6」

特許年金の業務負担軽減にも期待

ジャパンディスプレイは今後、新たに提供される「年金管理データ連携オプション」も導入する予定です。この機能は、特許年金の支払いや期限管理などの業務代行サービスを提供している日本技術貿易株式会社と日立との業務提携で実現したもので、PALNET/MC6内のデータをもとに、該当特許の一覧表や依頼書をそのまま出力できるほか、日本技術貿易株式会社からの納品データも円滑に取り込めるため、「データの内容確認や入出力作業に必要だった業務負荷を大幅に低減できるようになるでしょう」と竹岡氏は期待を寄せます。

今後、さらなる業務効率の向上をめざし、PALNET/MC6と経費や報奨金などのデータを連携させた一元管理にも取り組んでいきたいと語る特許業務グループの皆さま。日立は、中小型ディスプレイ分野で世界No.1をめざすジャパンディスプレイの知財戦略を、これからもPALNET/MC6の継続的な強化でサポートしていきます。

特記事項

  • 2015年10月1日 株式会社 日立製作所 情報・通信システム社発行情報誌「はいたっく」(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ印刷)掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、すべてのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

他の導入事例も見る

[イメージ]日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。

日立総合特許情報システムについて他の事例をご覧になる場合は、導入事例一覧をご参照ください。
導入事例一覧はこちら

知的財産管理システム「PALNET/MC6」の各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。

カタログダウンロード

カタログPDFをダウンロードして閲覧いただけます。