ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

オープンデータとは

オープンデータとは、無償で公開され、自由に再利用・再配布することが許可されたデータのことです。オープンソース ソフトウェアのデータ版と考えてもよいでしょう。

オープンデータは著作権や特許などの規制を受けないため、出典を記載すれば自由に利用することが可能です。本来はデータの出どころを問うことはなく、個人や企業が何らかのデータを無償で公開し、自由に再利用・再配布することを認めたものは、すべてオープンデータだと言えます。例えば度量衡(さまざまな物理量、物理単位)や物質の組成、工学公式などの科学データは、誰でも自由に入手して利用できる代表的なオープンデータです。

ただし、現時点においてオープンデータという言葉は、もっと狭い意味で使われています。一般的には官公庁・自治体が保有する統計情報、防災・減災情報、地理空間情報などの公共データのうち、二次利用可能なものを指しています。

オープンデータの目的

オープンデータが特に注目されるようになったのは、ここ1〜2年のことです。2012年7月に政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)が「電子行政オープンデータ戦略」を策定しました。公共データの開放とオープンデータの利活用を推進するための環境整備を進められています。もちろん、オープンデータの潮流は日本に限ったことではなく、欧米は日本よりも先行しており、さまざまな利活用事例(後述)も豊富です。

ちなみに、2013年6月のG8ロック・アーン・サミット(主要8カ国首脳会議)では、政府のデータをオープン化して公表することを原則とする「オープンデータ憲章」が各国首脳間で合意されています。

政府が策定した電子行政オープンデータ戦略では、オープンデータの意義・目的について「透明性・信頼性の向上」「国民参加・官民協働の推進」「経済の活性化・行政の効率化」の3点を挙げています。「透明性・信頼性の向上」とは、行政の透明性と行政への信頼を高めることです。「国民参加・官民協働の推進」とは、官民協働の公共サービスや民間サービスによる情報提供を促進することです。「経済の活性化・行政の効率化」とは、新しいビジネスの創出や企業活動の効率化を促進し、国内の経済活性化を図ることです。

これらの意義・目的に合致するために、オープンデータは機械判読に適したデータ形式であることが求められます。コンピューターをはじめとする機械でデータを利用するには、コンピューターがデータの論理的な構造を判読できるようにし、数値やテキストなどの値が処理できなければなりません。

オープンデータの要件

データ形式は利活用のしやすさによって5段階に分けられており、それがオープンデータの進捗度を示す指標となっています。この5段階は、World Wide Webを考案したティム・バーナーズ=リーが提唱した概念であり、「5つ星オープンデータ」とも呼ばれています(表)。日本では「オープンデータ憲章アクションプラン」において、特定のデータについて2015年末までに5段階のうちの★ 3レベル」(CSV、XMLが該当)をめざしています。

(表)5つ星オープンデータ
  データの状態 データ形式
★5 他のデータにリンクさせたデータを公開 LOD
★4 Web標準(RDFなど)のフォーマットでデータ公開 RDF
★3 オープンに利用できるフォーマットで公開 CSV、XML
★2 データを構造化データとして公開 XLS、DOC
★1 ライセンスを明確化しデータを公開(フォーマットは不問) JPEG、PDF

また、冒頭で取り上げたオープンデータの要件、すなわち二次利用が可能な利用ルールに基づくことも重要な要素となります。現在、日本の官公庁・自治体が公開しているデータの多くは無断改変を禁じており、二次利用を認めるものにはなっていません。そうしたデータをオープンデータとして公開するには、二次利用の許諾を明示し、著作権の不行使を宣言する必要があります。

上記の要件を満たしたオープンデータは、公共機関が運営するデータカタログサイトを通じて公開されます。データカタログサイトとは、データの目録・索引を提供するポータルサイトのことで、属性や説明情報を表すメタデータを保持し、そのメタデータで検索する仕組みが提供されるものです。なお、データカタログサイトは、イギリスのNPO法人Open Knowledge Foundationが開発したオープンソースの構築用ソフトウェア「CKAN」が欧米のデファクトスタンダードであり、日本でも政府のデータカタログサイトなどが採用しています。

こうして公開されたオープンデータは、企業や個人などが直接利用するだけでなく、中間事業者が付加価値をつけて販売することもあります(図)。

[イメージ]オープンデータの概要 (図)オープンデータの概要

オープンデータソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求
お申込み完了後、カタログ/資料を
郵送させていただきます。