ページの本文へ

Hitachi

自治体向けソリューション

[イメージ]官公庁・自治体向けオープンデータ作成・公開・利活用支援 オープンデータソリューション

日立のオープンデータソリューション

「オープンデータソリューション」は自治体のオープンデータ実現に必要な三つのプロセス全体をカバーし、調査から公開・運用・利活用に至るまでをワンストップで支援します。

[イメージ]プロセス1 現状分析・計画策定支援

  • 自治体課題の調査分析
  • 市民・企業のニーズ調査
  • 自治体保有データ棚卸し
  • ルール整備
  • プロセス整備
  • データ公開試行
  • 実行計画策定

[イメージ]プロセス2 データ公開基盤整備支援

  • データカタログサイト整備
  • CMSとデータカタログの連携

[イメージ]プロセス3 オープンデータ利活用促進支援

  • 啓発セミナー
  • 利活用促進イベント開催
  • 意見などの分析
  • 効果の検証
* 上記図のリンクは、ソリューションメニューのページへ遷移します。

公共データを効果的に利活用。ビジネスの創出に期待が高まるオープンデータ

[リンク]オープンデータとは

オープンデータとは
オープンデータとは、無償で公開され、自由に再利用・再配布することが許可されたデータのことです。オープンソース ソフトウェアのデータ版……続きを読む

[リンク]オープンデータに関する国の方針

オープンデータに関する国の方針
オープンデータへの取り組みが本格的に始まったのは、2012年7月の電子行政オープンデータ戦略策定以降ですが、2013年6月のオープンデータ憲章以降は……続きを読む

導入事例:新潟県新潟市

[写真]新潟県新潟市庁舎

新潟県新潟市(以下、新潟市)様は、2014年12月より市ホームページにてオープンデータを公開し、2016年4月には、データカタログサイト構築ソフトウェアの業界標準となっている「CKAN」をベースとした「新潟市オープンデータ検索サービス」を導入しました。
キーワード:オープンデータ、地域活性化、CMS
(2016年7月28日 公開)
新潟県新潟市IT推進課の事例はこちら(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)

導入事例:宮崎県

[写真]宮崎県庁舎 外観

北九州〜大分〜宮崎を結ぶ東九州自動車道の全線開通が間近に迫り、地域経済のさらなる発展に期待が高まる宮崎県。県が保有するデータの現状調査と分析を実施し、公開する際の法的な問題点やデータ公開手法を整理しました。その成果は「庁内データベース」として整備され、庁内各所属が持つデータの概要をキーワード検索などですばやく把握できるようになりました。
キーワード:オープンデータ、データの棚卸し、県庁内情報の共有
(2015年6月1日 公開)
宮崎県の事例はこちら

オープンデータソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽に
お問い合わせください。

カタログ請求
お申込み完了後、カタログ/資料を
郵送させていただきます。

導入事例

[写真]新潟県新潟市庁舎

新潟県新潟市IT推進課(株式会社 日立公共システムのWebサイトへ)
コンテンツマネジメントシステムと連携しデータカタログサイトを短期間で構築
地方創生を支えるオープンデータをめざす

[写真]宮崎県庁舎 外観

宮崎県
オープンデータの現状調査と計画策定を支援

製品へのお問い合わせ カタログ請求

[イメージ]オープンデータまとめ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。

[リンク]自治体ICT応援サイト「CyberGovernment Online」へ [リンク]日立 電子自治体メールマガジンのページへ