ページの本文へ

Hitachi

公共ITソリューション

約6万字のフォントを使って模擬的な文章作りやゲームを通して体験できるサイトを公開

独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)は、2012年6月4日から2013年1月31日までの約8ヵ月間、「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」(以下、本実験サイト)を公開しています。
本実験サイトでは、IPAが行政機関や民間企業の情報システムで漢字を効率的に扱うために作成した約6万文字のフォント「IPAmj明朝フォント」が使える環境を模擬的な文章作りやゲームを通して体験できるコンテンツを提供します。

文字情報基盤実証実験Webサイト
「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」

[画面]「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」

本実験サイトは、日立クラウドソリューションHarmonious CloudのPaaSサービス「プラットフォームリソース提供サービス」を用いて構築しており、短期間での本実験サイトの公開や、利用者の増減にあわせた柔軟なITリソースの拡張を実現しています。

  • * 本実験サイトは、2013年1月31日をもって閉鎖いたしました。
  • * 日立クラウドソリューションHarmonious Cloudは日立のクラウド Hitachi Cloudの旧名称です。

IPAmj明朝フォント作成の背景

日本では、JISに規定された約1万文字の漢字以外に、旧字や略字など標準化されていない多くの文字が人名、地名などの中に用いられています。これらの文字は通常、情報システムには登録されておらず、JISに規定された標準的な文字に置き換えて利用しています。しかし、これら標準化されていない文字を扱う必要のある金融機関をはじめとした企業や戸籍を扱う自治体などが、それぞれの情報システムに独自にこれらの文字を「外字(*)」として登録するケースが数多く発生しています。その結果、「外字」として登録されている文字は、それぞれの団体が所有する情報システムごとに固有の文字コードが与えられています。
これにより、異なる情報システム同士の連携が不可能、あるいは連携のためのコストが必要となるといった問題の一因となっています。これは、電子政府システムの効率的運用および、国民からの効率的活用を阻害する要因のひとつともなっていました。

そこで、IPAでは、JISに規定された約1万文字に加え、これまで情報システムに登録されていなかった約5万文字の漢字を収容し、情報システムの共通基盤として利用可能な合計約6万文字からなる「IPAmj明朝フォント」を作成しました。

この約6万文字のフォントをより多くの国民に知ってもらい、これまで情報システム上での入力や表示が困難だった多様な文字を使える環境を体験してもらうとともに、今後の本格的な利用のための技術的な課題を洗い出すために、2012年6月4日から本実験サイトを公開しています。

[画面]「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」ゲーム画面
「漢字に触れてみよう‐文字情報基盤プロモーションサイト‐」ゲーム画面

現在一般に市販されているPCは、JISに規定された約1万文字を扱うことを前提に設計されています。そのため、一般的なPCで約6万文字すべてを扱うためには、通常であればJIS以外から必要な文字を選び出して入力するための入力補助技術や多様な文字を正確に表示・印刷するためのソフトウェアなどをインストールする必要があります。本実験サイトでは、これらの機能をWebサイト側に実装することで、多くの方々が普段使っている情報システムに特に手を加えることなく、多様な文字の世界を体験することが可能となっています。

*
外字:業務システムにあらかじめ登録されている文字以外に、ユーザーが独自に作成した文字

日立文字基盤ソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

カタログ請求

お申込み完了後、カタログ/資料を郵送いたします。