ページの本文へ

Hitachi

材料開発ソリューション

材料開発の高度化・効率化を実現するDX基盤

MIの加速に向けて、組織や研究者間で収集・蓄積した開発手法や研究データ、ノウハウを共有したDX基盤を整備し、高度な検索機能を備えるなど、研究データを利活用し、材料開発の高度化を実現します。

研究開発部門のDX基盤の特長

統合データベースを中核とした、材料開発の業務プロセス変革を実現

関係性可視化
研究者と技術の関連性を社内技術情報や社外の特許情報などのテキストデータをもとに、テキストマイニングを用いて加工・抽出し、蓄積します。データベースで一元管理することにより、研究者と技術の関係性が可視化でき、研究効率向上に寄与します。
実験データ管理
複数個所で生成する実験データや実験条件などのメタデータの関係を紐付け、データを構造化し、統合的な実験データの解析を支援します。
材料分野向け画像処理
電子顕微鏡などの画像から、機械学習を用いて組織構造に関する特徴量を抽出し、材料特性の予測につなげます。
材料分野向け単語抽出
単語抽出AIを組み込み、特許公報から材料開発に必要なデータや図表データを自動で高精度に抽出します。MI実行のために不可欠となるデータ生成・整備を支援します。
「材料開発ソリューション」を用いた材料開発
材料開発ソリューションと連動することによって、MIを用いた材料開発手法の確立や開発加速に加え、MIを扱えるデータサイエンティストの育成を支援します。

研究者・組織間の情報共有・利活用を活性化

R&Dポータル
統合データベースに蓄積された情報や、各部署の技術・ノウハウの見える化を実現。
部署や研究者など、人や組織の関係性を紐づけ、材料開発の効率向上、開発スピード向上につなげます。また、チャット機能を備え、研究者同士のコミュニケーションの活性化を支援します。
音声データの利活用
議事録など書き起こしにかかる時間を削減、専用ポータルから迅速なノウハウ共有を支援します。

材料開発ソリューションの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ

製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。