ページの本文へ

Hitachi

教育機関向けソリューション

更新講習管理システム基本機能一覧

更新講習管理システム基本機能一覧
機能分類 機能概要
システム共通 ログイン、ログアウトやパスワード変更など、システムを利用するための共通的な基本機能
講師情報管理 講師情報の登録を行う機能
会場情報管理 講習を開催する会場情報の登録を行う機能
講習情報管理 講習情報を管理する機能。文部科学省に提出する申請書を作成したり、受講者への案内情報を登録する
受講者情報管理 受講予約・申し込み者の管理や各種帳票の印刷。電話や郵送での申し込みの場合は、追加登録が可能
アンケート管理 事前アンケートや事後評価用のシートを作成、展開、集計といった管理を行う機能
担当者講習管理 講師の方から、自分の担当する講習の受講者の管理や、出席/履修判定情報を登録する機能
経費・入出金管理 受講者の入金や返金、講師への謝金振込支援を行う機能。また、入出金に関するデータも作成可能
更新講習情報閲覧 現職教員からの講習情報検索や詳細情報の閲覧に関する機能
受講予約/申し込み 現職教員の方が実際に受講しようとしている講習への予約や申し込みを行う機能
マイページ管理 現職教員の方が利用者登録(ID発行)し、ログインすることで利用可能なユーザーごとのページ
管理者機能 ユーザー管理やユーザー権限ごとの利用機能の設定、マスタ管理、ログ管理などの機能
システム連携など 実施主体の他システムとの連携を支援(ファイル入出力)する機能

カスタマイズ

各大学によってさまざまな用途に対応し、本システムの機能にカスタマイズを行います。申し込み画面を大学カラーに合わせるなどのオプションを無償でご利用いただくことができます。また、有償カスタマイズも100種類以上ご用意し大学の運用に適した環境を実現できます。

«カスタマイズ例»

メール送受信機能
連絡したい受講者を選択し、メールで連絡できます。

[イメージ]メール送受信機能

予約時チェック機能
受講者の予約時にエラーチェックし、誤った講座の予約や、保険として複数講座抑えるなどの行為を防止できます。

[イメージ]予約時チェック機能

サービスレベル、保守

サービスレベル(ASPサービス導入の場合)

下記のとおりサービスレベルを設定し、弊社がサービスを行います。

[イメージ]サービス

  • 21時間365日サービス利用可能(6:00〜翌3:00)
  • 稼働率99%以上
  • 障害発生時の対応(日々バックアップ取得)
  • 毎月運用情報を提示
  • 定期メンテナンスの実施

セキュリティ面についても十分に対応します。

  • ISMS準拠のセキュリティ環境のファシリティ
  • ファイアウォール設置(ポートは限定、侵入検知機能あり)
  • 個人情報は内部セグメントのデータベースサーバーにて管理
  • SSLによる暗号化通信
  • クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクション対策済
  • 定期的にセキュリティパッチの運用

保守(ASPサービス導入の場合およびサーバー導入の場合)

下記のとおり保守を行います。

[イメージ]サービス

  • 利用・操作に関して問い合わせサポート実施
  • 文部科学省が定める様式変更による修正対応
  • アプリケーションプログラム不良による不具合対応
  • アプリケーションプログラムのソース管理

クライアントPC動作環境

クライアントPC動作環境
OS Windows® 7以降
Webブラウザー Internet Explorer® 11,Microsoft Edge
その他 Adobe Reader XI
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセルを推奨
回線 インターネット回線
※インターネット回線は、当サービスの適用範囲外です。

教員免許状 更新講習管理サービスの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。