ページの本文へ

Hitachi

官公庁向けソリューション

[イメージ]大規模オープン基幹系システム向けアプリケーションフレームワーク「Justware for LM Version 4」

メインフレーム上で稼働している大規模なレガシーシステムは、 コスト低減や新技術利用のため、オープンシステムへの移行が求められる傾向にあります。

オープンシステムへの移行においては、システムの見直しにともなう、 コストおよびリスクの増加が懸念材料であり、既存資産を活用することにより、これらの問題を解決することが可能となります。

既存資産の活用にあたっては、レガシーシステムにて実現していた基盤技術や 業務プログラム活用のためのフレームワーク、移行できないレガシーシステムとのシームレスな連携を実現する基盤が必要となります。

概要

「Justware for LM Version 4」は、アプリケーションフレームワークとして、レガシーシステムのオンラインジョブ機能をオープンシステム上で提供します。
さらに、レガシーシステムとのシームレスな連携基盤として、トランザクション連携機能、オンラインバッチ連携機能を提供します。

旧バージョンからの変更点

「Justware for LM Version 4」では、新たに次の機能をサポートしました。

  • トランザクション連携機能を追加しました。
  • オンラインバッチ連携機能を追加しました。

大規模オープン基幹系システム向けアプリケーションフレームワークの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。