ページの本文へ

Hitachi

日立クラウド基盤導入ソリューション Powered by Apache CloudStack

IT資源を必要なときに、必要な部署に、必要なだけ配備できます

統合業務基盤のIT資源の余剰を、必要に応じてオンデマンドで提供できます。
部門単位で個別に構築したシステムでは、システムごとに冗長性、安定性の確保が必要であり不経済です。 また、ある部署で資源が必要な時、別の部署の資源に余裕があっても融通できません。このような状況は「サイロ化」と呼ばれています。

仮想化技術を使ったシステム統合によりIT資源の融通が可能になりましたが、サーバー、ストレージ、ネットワーク、および仮想化技術に精通した管理者が必要です。管理者は別の作業を抱えていることが多く、要望を受けてから利用開始までに長い時間(1週間から数週間)掛かるといった新たな課題が生まれました。

[イメージ]サイロ化したシステムを仮想化統合

この問題を解決したのが、プライベートクラウドの技術です。
仮想化の長所であるIT資源の巨大なプール化と動的切り出し機能はそのままに、これまで手作業だった管理作業を大幅に自動化。管理者は単純な手作業から解放され、利用者は迅速(数分〜数十分)に必要なIT資源を確保できます。

さらに、テンプレートとメニューによるレディーメイド機能により、管理者は利用部門の要求に応じて仮想マシンを準備できるようになりました。これにより利用部門の満足度向上が期待できます。

[イメージ]プライベートクラウドの技術を利用したシステム統合と、テンプレートとメニューによるレディーメイド機能

日立クラウド基盤導入ソリューション Powered by Apache CloudStackの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。