ページの本文へ

Hitachi

官公庁向けソリューション

同一人物のデータを異なるIDで管理している場合、IDの対応表を各システムで保持する必要があります。日立ID変換システムを使用することによって、各システムの改修を不要とし、効率よく連携を行うことが可能となります。 また、ID変換のアクセスはすべて証跡管理しているため、監査対応が可能であり、監査範囲の局所化となります。

[イメージ]機能概要

日立ID変換システムの各種お問い合わせを受け付けております

製品へのお問い合わせ
製品の詳細・見積などお気軽にお問い合わせください。

製品へのお問い合わせ

何をお探しですか?

製品・ソリューションや、電子行政用語集などを検索することができます。